CRサンダードラゴン 止め打ち.攻略

00009325

ハネモノ機種ではありますが通常時、大当り中共
に止めうちを行うことで出玉の節約を行うことが
できます。

ハネモノほど止め打ちなどの効果が目に見える機
種はないと思いますのでしっかり行って
節玉するようにしましょう。

スポンサードリンク

通常時の止め打ち

チャッカーの開放回数は基本的に下記画像のデ
ジタルで表示される優しい仕様になってますの
でこちらをみて何回開放か判断しましょう

hhh

①1回開放時
羽根が開いた瞬間に打ち出し停止

②2回開放時
1回目の羽根開放が閉じたら打ち出し停止

 

■玉がハネに拾われなかった場合は打ち出し再開。

■拾われた場合は玉の行方を見届けてハズレなら打ち出し再開。


 

 

大当り中の止め打ち

節玉をすることはその分自分の収支を上乗せ
できるまたは負け額を減らせるということなの
でかならず実践しましょう。

V入賞後のファンファーレが鳴り止んでか
ら1拍置いて打ち出し開始

羽根に9個目(自力継続タイプは8個目)が
入賞する直前に打ち出し止め

羽根が閉じた後、ドラゴンの頭の動きが
止まってから1拍置いて打ち出し開始

以後2~3を繰り返し


通常時のストローク

fhft
基本的なストロークは上記画像の黄色矢印となり
ますが、台のクセやネカセとう実際の台の調子と
いうのは様々ですので、黄色矢印で思ったより入
らないという場合は青矢印の山釘を狙って各々の
台でストロークを調整していきましょう。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す