CR悪代官 赤鬼X ゲーム性を解説

あくだいかん

 

こちらのCR悪代官 赤鬼Xはいわゆるハネモノ機。

従来のハネモノどおりまずはチャッカーに玉を入賞させるところから始まる。

スポンサードリンク

↓チャッカー場所。
88888

チャッカーに玉を入賞させることでハネが開き、普通ルート、スペシャルルートのどちらかの役モノを通過して玉が「悪」チャッカーに入れば大当り。という仕組み。

99999

このお得忍者がスペシャルルートですね。
ネカセや役ものの癖によって突入率、突破率が違うので比較して良い台を選んでいきたいところ。

ちなみに役モノ突破率は約1/11.75程度となっています。
この突破率よりよければ当然ボーダーも下がるし悪ければ上がるので注意。

そしてここから従来のハネモノと若干違うのが、大当り後は基本的に2Rの出玉を獲得して終了となる。しかし数字揃いではなくV揃いした場合は15R大当り&連荘ゾーンに突入。

ちなみにV揃い確率は1/17、約6%とかなり低め。

そしてVが揃い15Rの出玉を得た後は「赤鬼モード」へと突入。

この赤鬼モードは電サポが100回付くので実質大当り確定みたいなもの。

さらにこのときの大当りもすべて15R大当りとなる。そして大当り消化後はルーレットが発動し「悪」にルーレットが停止すれば赤鬼モード継続で再度15R大当りが約束される仕組み

ちなみに赤鬼モードのループ率は約50%程度となっています。

ヤメドキに関しては基本いつでもOKですが、この赤鬼モード中に関しては大当り濃厚みたいなものなので決して捨てないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す