CR蒼天の拳 天羅 セグでの潜伏判別があきらかに。

そうてん

蒼天の拳 天羅の大当り時、セグで確変か否か判別できるようになりましたのでよければ参考にしてください。

セグでの判別によりグッと立ち回りの役に立つと思います。

ttw
青で囲っているのがヘソ大当り時のセグ場所。
赤で囲っているのが電チュー大当り時のセグ場所。

基本的に左を1として12345678までのランプパターンがあります。

2R通常(電サポ100回)
2R通常(電サポ100回)
1346 2468
1348 2567
3567 1478
3578 1568

このパターンに関しては電サポ中の引き戻しでリミット6回の確変もしくは5%の通常状態となりますが、そのまま当選せずに電サポを抜けた場合は内部的にも通常状態となるので即やめOKです。

2R確変(状態変化)
2R確変(状態変化)
2358 1257
2368 1267
1578 4578
1246 2458

こちらのパターンは低確率時、いわゆる通常状態で当選した場合は電サポありが濃厚となりますが、リミット到達時の場合強制的に2R通常となり、電サポ非作動+通常濃厚となるので注意。

2R確変(電サポなし)
2R確変(電サポなし)
1458 2357
1237 4568
1468 4678
2356 1248
2R確変(電サポあり)
2R確変(電サポ100回)
色.種類 信頼度
3678 1258
2467 1278
1567 3456
2478 1268
2R確変(電サポ次回まで)
色.種類 信頼度
1247 2457
2568 1345
1456 2348
1256 2456

電チュー入賞時のセグパターン

電チューに関しては通常パターンのみ記載をします。

4R通常セグ(電チュー)
1357 2578
1367 3478

これらのほかにもセグパターンは存在するかと思いますので、実践した方で情報がありましたら報告していただけると嬉しいです!

スポンサードリンク

コメントを残す