CRストライクウィッチーズ 1/229ver.ボーダー.止め打ち.スペック

すとらいく

 

三洋から新台、CRストライクウィッチーズ 1/229verが登場。

②タイプ同時に登場でもう片方は1/319となっています。

スペックはV-ST機で突入率は50%と辛め。その分、電チュー大当りのすべてが16Rとなっていますが電サポの継続率も75%と辛め。

スペック的にはなんともいえない感じになっています。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCRストライクウィッチーズのスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CRストライクウィッチーズ
スペック

基本データ
大当たり確率 1/229.9→1/87.8
賞球数 4&1&3&12
導入予定日 2018年10月1日
ST突入率 50%
⇒ST継続率 約75%
⇒実質継続率 約63%
電チュー 77回or150回
平均連チャン数3.62連 平均出玉3690玉
トータル確率 1/40.3(6R)
大当り出玉
16R 1230個
6R 460個
7C 12賞球
ヘソ入賞時の振り分け
6R確変(ST:150回) 50%
6R通常(時短:77回) 50%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変(ST:150) 75%
16R通常(時短:77回) 25%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 25.5 26.9
3.03円 23.9 25.1
3.33円 23.2 24.4
3.57円 22.7 23.9
等価 21.9 23

☆止め打ち

分かり次第追記

 

ひとこと

スペック的にはガロ翔に近いですね。

ヘソは6R大当りのみでST継続率は75%とガロより低め。突入率を辛くしている分、ST継続率を高くできるんですが、あえて悪くしてホールに媚びたスペックになっています。

もちろんボーダーも辛く、さらに消化速度も遅いので1k/28.2くらいでやっと時給2000円です。

ただ、消化が遅い=長く遊べる?のでこの機種が好きな人にはいいかもしれませんね。

一応スペック的には1/319よりこちらのほうが甘くなっているので二つあるならこの1/229verを打つことを推奨します。

スポンサードリンク

コメントを残す