デジハネCRA偽物語 ボーダー.止め打ち.スペック.案外ハイエナ台?

5ad72973-dc28-4ff2-afef-1cbdac1f02cb

 

サミーから新台、デジハネCRA偽物語が登場。

スペックはライトミドルやミドルを踏襲してst突入率100パーの継続率約65パーといった台。

大当たり確率は1/99でかなり遊びやすい仕様になっており、個人的には最近出た甘デジの中でもかなりのおすすめスペックになっています。

ただ、ヘソ振り分けの一部で電サポが規定の100回まで付かないことがあるので注意が必要です。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それでデジハネCRA偽物語のスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CRA偽物語 スペック

基本データ
大当たり確率 約1/99.9→約1/95.8
賞球数 4&1&3&12
導入予定日 2018年10月8日
ST突入率 100%
⇒実質継続率 約65%
電チュー 20.50回or100回
平均連チャン数2.86連 平均出玉2812玉
トータル確率 1/(4R)
大当り出玉
16R 1580個
4R 390個
9C 12賞球
ヘソ入賞時の振り分け
16R確変(ST100回) 0.5%
4R確変(ST100回) 9.5%
4R確変(ST50回) 40.7%
4R確変(ST20回) 49.3%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変(ST100回) 50%
4R確変(ST100回) 50%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  21.2 22.3
3.03円 20.2 21.3
3.33円 19.8 20.8
3.57円 19.4 20.4
等価 18.9 19.9

☆止め打ち

【電サポ中】
①電チューが閉じたら一発
⇒以後繰り返し、微増可分かり次第追記

 

ひとこと

St突入率100ぱーで継続率もマックスの65ぱー

さらに右での15と4ラウンドの振り分けが一対一というこで一度電サポ中に当ればかなり甘い台。

ただ、ヘソの振り分けがなかなか鬼門でほとんどが電サポ50回以下の振り分けとなります。

一応普通のデータ機ならば問題ないと思いますが、データ機上の回数が100回転以内であれば内部状態は高確率となるためハイエナも可能な機種となっています。

合わせて朝一ランプもチェック!

メーシー朝一ランプ

筐体的に恐らくここのランプが点灯で朝一高確率状態となります。

規定回数に到達するとランプが消え内部状態が低確率、いわゆる通常状態となりますのでしっかりランプをチェックしながら回すようにしていきましょう。

スポンサードリンク

3 comments to this article

  1. Jimmy

    on 2018年10月11日 at 10:30 AM - 返信

    ヘソ振り分け間違ってますよ。

  2. クロ。

    on 2018年10月12日 at 7:09 PM - 返信

    ヘソ振り分け間違ってますよー。

  3. たなちゅー

    on 2018年10月13日 at 3:12 PM - 返信

    たなちゅー

    クロ。様。Jimmy様。
    ご指摘ありがとうございます!4ランウドの振り分けを誤って16としていました。修正させていただきます。

コメントを残す