CR真・怪獣王ゴジラ ボーダー.止めうち.スペック

ごじら

 

ニューギンから新台、CR真・怪獣王ゴジラが登場。

大当り確率は1/289.98のV-ST機。ST突入率は65%で電サポ時は82%。電チューにも通常大当たりがあるタイプになっています。

また、ヘソ大当りでも約40%で16R大当りとなっておりミドルタイプながら微量の出玉で終わることが少ないスペックになっているのが良いですね。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCR真・怪獣王ゴジラのスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR真・怪獣王ゴジラ スペック

基本データ
大当たり確率 1/289.98→1/66.60
賞球数 4&1&3&14
導入予定日 2018年11月5日
ST突入率 65%
電チュー継続率 約82%
電チュー 100回
平均連チャン数連 平均出玉4318玉
トータル確3.53率 1/94.8(11R)
大当り出玉
16R 1730個
11R 1180個
4R 430個
8C 14賞球
ヘソ入賞時の振り分け
16R確変(ST104回) 40%
11R確変(ST104回) 25%
11R通常(時短:100回) 35%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変(ST104回) 52%
4R確変(ST104回) 30%
4R通常(時短:100回) 18%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  23.9 25.1
3.03円 22.2 23.3
3.33円 21.5 22.6
3.57円 21 22.1
等価 20.1 21.2

☆止め打ち

分かり次第追記

 

ひとこと

電サポは100回転までですが高確率は104回転までとなっており、通常に落ちても4回転はチャンスとなります。

また、ヘソ大当りでは通常でも確変でも最低11Rの1200発以上の出玉を獲得できるのが個人的に好みです。しかしその分やはり電チューの振り分けが辛めというか、18%で通常大当りもありさらに48%が4R大当りとなっているので破壊力というよりかは安定しやすい台といえるでしょう。

後は技術介入要素がどの程度あるかですが、少し気になる台でわあります。

また詳しく分かり次第追記していきます!

スポンサードリンク

コメントを残す