P寄生獣|ボーダー.止め打ち.スペック

きせいじゅう

 

サンセイから新台、P寄生獣が登場。

大当り確率は1/199の1種2種混合機。時短数回転+残保留で展開されるアリアAAやシンフォギアと同じタイプになっています。

一度咲々チャンスに突入すれば平均連荘数は4.93と高くそれなりに遊べる仕様になっています。ただその分出玉が抑えられているので注意。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではP寄生獣のスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

P寄生獣 スペック

基本データ
大当たり確率 1/199.8
右打ち時 約1/7.4
賞球数 4&1&3&12
導入予定日 2019年2月4日
咲ヶチャンス突入率 初回5%
継続率 約80%
増々チャンス突入率 初回約95%
継続率 52%
電チュー 1回or7回
初回ラッシュ時
平均連チャン数4.93連
平均出玉3380玉
トータル確率 1/34.8(4R)
大当り出玉
9R 952個
4R 420個
3R 310個
10C 12賞球
ヘソ入賞時の振り分け
4R咲ヶチャンス(時短11回) 5%
4R増ヶチャンス(時短5回) 95%
電チュー入賞時の振り分け
9R咲ヶチャンス(時短11回) 70%
3R咲ヶチャンス(時短11回) 30%


1000円あたりのボーダーライン(4円)

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24.3 25.6
3.03円 22.7 23.9
3.33円 22 23.2
3.57円 21.6 22.7
等価 20.8 21.9

200円あたりのボーダーライン(1円)

交換率 表記出玉 出玉-5%
0.6円  19.8 20.8
0.75円 18.2 19.1
0.89円 17.2 18.1
0.92円 17.1 17.9
等価 16.6 17.5

※電サポ1回転あたり±0個で計算


☆止め打ち

【大当り中】
分かり次第追記

【電サポ中】

 

ひとこと

スペックは丸々シンフォギアです。

時短11回と記載していますが正確には時短6回+増ヶチャンスで大当たりを射止めていく形になります。

シンフォギアのように右打ち中に単発うちを行うことで若干の出玉を増加させれたり捻りがきまるなら打つ機会もありそう。

なければスペックがボチボチ辛く打つにあたいしなさそう・・・。

版権的にはいい版権なのに昨今の規制の関係上微妙な仕上がりになっていますね。

スポンサードリンク

コメントを残す