CRヤッターマン 259ver スペック ボーダー.止め打ち

aaaaaa

サンスリーからの新台で
CRヤッターマンが登場。

マックスタイプと250verがあるみたいですが
今回、ご紹介するのは250ver

V-確変タイプとなっているようですね。
V入賞させないと確変には入らないので注意

マックスタイプのほうは情報が少ないので
分かり次第追記していきます。

スポンサードリンク

■CRヤッターマン(259ver)
スペック

大当たり確率:1/259.0→1/89.2
■賞球数 1&3&6&12

大当たり出玉
約1830発(16R)
約450発(実質4R)
10C 12賞球

確変突入率51%⇒継続率80%

電チュー
40回転もしくは次回まで

平均連チャン数5.67連(平均出玉5864個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

8R確変(約960個 時短:次回まで):48%
4R確変(約480個 時短:次回まで):2%

8R通常(約960個 時短:100回):50%

■電チュー入賞時の振り分け■

16R確変(約1920個 時短:次回まで):41%
4R確変(約480個 時短:次回まで):39%

出玉なし通常(時短:50回):20%  


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 23 24
3.0円  21  22
3.3円  20  21
3.5円  20  21
等価  18.5 19.5

 

 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価 3.57円 3.3円 3.0円
16回転
17回転 -4.8円
18回転 -1.5円
18.5回転 0円
19回転 1.4円 -2.3円 -2.3円
19.5回転 2.8円 -1.1円 1.1円
20回転 4.1円 0円 0円 0円
21回転 6.4円 2.1円 2.1円 0円

例.1k/17回転、期待値10円の場合

2000回転時、期待値は20000円
トータル確率33.3で計算等価


 

☆止め打ち
開放パターンは数種類ありますが
すべて一つのパターンで対応できます。
返しが1なので、「減らさない」を心がけましょう。
①電チューが開く直前に7発打ち出し
②以後繰り返し

 

ローミドルスペックながら
継続率が80%もあるのが非常に魅力ですね。

さらに勝利時の51%が16R
初あたりで確変をひけなくても
40回転の時短がつきます。

またお助けシステムのようなもので
ヘソ入賞補助装置の「スタート+」というシステムを搭載。

ヘソに玉がいかなくても玉がクルーンや橋の役物をとおって
ヘソへの入賞をサポートしてくれます。

これがどの頻度でどの程度はいるかはわかりませんが
いままでのまわるん系でよかったためしもないので
あまり期待はしないほうがいいでしょう。

一応電チューとアタッカーは無駄玉がでにくい
「よくばりポケット」を搭載しているみたいですが
その分、技術介入はできないと思ったほうがいいですね。

PVはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す