CRリアル鬼ごっこ (387&273ver) スペック ボーダー.止め打ち

CRリアル鬼ごっこ

高尾からの新台
CRリアル鬼ごっこが登場!

なんか高尾も藤商事に対抗してか
ホラー系のパチンコを最近よくだしますね。

実は1.2の映画を見たことがあるのですが
映画は佐藤さんが
鬼から逃げるという設定なんですが

パチンコのほうは鬼の目線になって
佐藤さんを捕まえれば?!と

逆の設定になっているみたいですね。

ミドルのほうは継続率約89%と
継続率重視のスペックとなっているみたいです

スポンサードリンク

■CRリアル鬼ごっこ
387ver スペック

大当たり確率:1/387.6→1/43.3
■賞球数 2 & 3 & 13

大当たり出玉
約1840発(16R)
約580発(5R)
約460発(4R)
10C 13賞球

■ST突入率約74
(時短込み)

電チュー
100回まで
(STは63回転まで.残りは時短)

平均連チャン数4.8連(平均出玉7090個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

16R確変(ST63回 時短37回):50.0%
5R確変(ST63回 時短37回):15.6%

4R通常(時短:100回):34.4%

■電チュー入賞時の振り分け■

16R確変(ST63回 時短37回):70.0%
5R確変(ST63回 時短37回):30.0%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 23 24
3.0円  21  22
3.3円  20  21
3.5円  20  21
等価  18.1  19.1

 

 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価
16回転 -7.25円
17回転 -3.57円
18回転 -0.30円
18.5回転 1.2円
19回転 2.62円
19.5回転 3.97円
20回転 5.25円
21回転 7.63円

※自己算出なので参考程度にしてください
(トータル確率133.21で計算)

例.1k/17回転、期待値10円の場合

2000回転時、期待値は20000円


 

■CRリアル鬼ごっこ
273ver スペック

大当たり確率:1/273.0→1/31.4
■賞球数 2&3&8

大当たり出玉
約1020発(16R)
約320発(5R)
約260発(4R)
10C 8賞球

■ST突入率約61
(時短込み)
⇒実質継続率約89%

電チュー
100回まで
(STは63回転まで.残りは時短)

平均連チャン8.8連(平均出玉6040個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

16R確変(ST63回 時短37回):22.4%
5R確変(ST63回 時短37回):20.4%

4R通常(時短:40回):34.4%

■電チュー入賞時の振り分け■

16R確変(ST63回 時短37回):52.4%
5R確変(ST63回 時短37回):47.6%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 22 23
3.0円 21 22
3.3円 20 21
3.5円 19 20
等価 18.0 19.0

 

 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価
16回転 -7円
17回転 -3.27円
18回転 0円
18.5回転 1.5円
19回転 2.92円
19.5回転 4.27円
20回転 5.55円
21回転 7.94円

※自己算出なので参考程度にしてください
(トータル確率73.44で計算)

例.1k/17回転、期待値10円の場合

2000回転時、期待値は20000円


☆止め打ち
①2回目の電チューが閉まると同時に打ち出し停止。
②3回目の電チューが閉じると同時に打ち出し開始。
⇒以後繰りかえし

 

ST突入率が時短込みなので注意です。

またSTに突入しても
電サポは100回転ですが

ST自体は63回転までなので
残りの37回転は時短ということになります。

ちなみにこの時短であたった場合でも
電チューでの当選なので

再度STに突入という形になりますね。

なので電サポが作動している間はしっかり
電チュー保留で消化するようにしましょう

また右での返しが2なので
大きな玉増えは見込めないと思います。
(止めうちは実践次第追記予定)

それいでいてこのボーダーなので
よほどの台でなければ
打つ価値は無いと思います

ただミドルのほうの継続率がかなり
高いのでここでがっつり増やして
ボーダーをさげることは可能なので
うつならミドルかなって感じです。

なにより89%の継続率って楽しそうですw
その分単発時の絶望感ははんぱなさそうですが(ノд・。)

 

PVはこちら

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す