CR RAVE この世界こそが真実だ スペック ボーダー.止め打ち

phpRUmTXk

 

新内規スペック第1弾となる

「CR RAVE この世界こそが真実だ」 が
藤商事から登場。

2015年11月からは
こういった1/320の確率が
上限となるわけですが

果たしてユーザーに受け入れられる
スペックとなっているのでしょうか

スポンサードリンク

■CR RAVE
この世界こそが真実だ
スペック

大当たり確率:1/319→1/122
■賞球数1 & 3 & 10 & 14

大当たり出玉
約1800発(16R)
約980(実質6R)
9C 14賞球

■ST突入率55
⇒実質継続率75%

電チュー
100回転、もしくは170回まで

平均連チャン数約4.連(平均出玉6170個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

6R確変(ST:170回):55%

6R通常(時短:100回):45%

■電チュー入賞時の振り分け■

16R確変(ST:170回):100% 


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 21 23
3.0円 21 21
3.3円 20 21
3.5円 19 20
等価  18.1 19.1

 

 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価 3.5円
16回転 -7.25円 -8.63円
17回転 -3.57円 -5.4円
18回転 -0.3円 -2.55円
18.5回転 1.2円 -1.23円
19回転 2.62円 0円
19.5回転 3.97円 1.19円
20回転 5.25円 2.31円
21回転 7.63円 4.4円

※自己算出なので参考程度にしてください
(6R680発&トータル確率49.233で計算{等価})

例.1k/17回転、期待値10円の場合

2000回転時、期待値は20000円


 

☆止め打ち
返しが1なので数発打って止め
⇒開く直前、または開いたら打ち出し再開
でいいとおもいます。

 

正直、上限を1/320にしたところで

結局V-STでかつロングSTなんで
荒れるのは間違いないんですよね。

なのでちょっとはこれで遊びやすくなりそうに
見えてそこまで変わらないでしょう

むしろ実質継続率は75%ですからね。

ボーダーも少し辛めで
技術介入要素も少なそうなので
スルーの方向でいいと思います。

ただ1/320でも非突入時時短が100回つく
のは良いですね。

ただヘソでのR数が6R限定なので
大した出玉にはならず大当たり終了と
なることも多いでしょう。

そう考えるとやはりすこしきついですね

 


スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す