CR真・北斗無双 スペック ボーダー 止め打ち

hokutomusou-1

 

 

サミーから北斗シリーズの新台 CR真・北斗無双 が登場。

ゲームでよくある無双シリーズと北斗のコラボが実現されそれがパチンコ化された感じですね。

大当り確率は新基準の1/319 V-ST機 ST突入率は50%と 最近のスペック通りの仕様。

また、従来の北斗シリーズ同様、16Rの大当りで約2400発の払い出しとなっており

ミドルながら大量の出玉が獲得できるようになっております。

キャラ選択も原作ではありえないようなコラボが実現しているみたいなので 楽しみでありますね。

それではスペックをどうぞ

 

スポンサードリンク
■真・北斗無双■
スペック

大当たり確率:1/319.7→1/81.2
■賞球数 3&1&15

大当たり出玉
約2400発(16R)
真・北斗無双BONUS
約600~2400発(4~16R)
(七星チャージ4~16R)
約900発
(幻闘/激闘BONUS・6R)
約600発
(幻闘BONUS・4R)
10C 15賞球

ST突入率50% ⇒実質継続率80%

電チュー 100回転(時短)もしくは130回(ST)まで

平均連チャン数5.01連(平均出玉6790個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

幻闘BONUS(6R確変:ST130回):50%

激闘BONUS(6R通常:時短100回):50%

■電チュー入賞時の振り分け■

真・北斗無双BONUS(ST:130回):50%
七星チャージ(ST:130回);14%
幻闘BONUS(4R確変:ST130回):36%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 21 22
3.03円 19 20
3.33円 18 19
3.57円 18 19
等価 16.6 17.5

 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価 3.57円
16回転 -2.25円 -4.69円
17回転 1.42円 -1.41円
18回転 4.69円 1.50円
18.5回転 6.19円 2.84円
19回転 7.62円 4.11円
19.5回転 8.97円 5.32円
20回転 10.24円 6.46円
21回転 12.63円 8.59円

※自己算出なので参考程度にしてください
(6R840発&トータル確率55.77で計算{等価})

例.1k/17回転、期待値10円の場合

2000回転時、期待値は20000円



☆止め打ち
電チュー返しは1ですが電サポの形状が拳王とほぼ一緒なので止め打ち必須。
(しないと減る) 一般入賞口もあるので場合によっては出玉の増加が可能となっています
小デジランプは↓
右点灯が5回、左点灯が6回なので
この場合は5回開放となります。
20160317_112429
▼5回開放▼
①1開放目が開いたのを確認後1発
②2開放目が開く瞬間に1発
③3開放目が開いたら1発
④4開放目が開いたのを確認後1発
⑤5開放目が開いたら発
▼6回開放▼
①1開放目が開いたのを確認後1発
②2開放目が開く瞬間に1発
③3開放目が開いたら1発
④4開放目が開いたのを確認後1発
⑤5開放目が開く瞬間に1発
⑥6開放目が開いたら1発
電チューは5回でワンセット
打った感じですが、1回開放目は開いて半拍くらいで打っても大丈夫です
むしろ、そっちのほうがあってると思います。で、3回開放から4開放目のインターバルが気持めなので
開いて1発じゃなく開いて1拍置いたら1発でいいです。打った感じこのタイミングが一番ベストでしたね。

※パカパカ狙いについて。(初当たりのみ可能)

ヘソ大当りは基本的に6Rとなりますが内部的には実質16R確変といった振り分けがあり、その場合12回程度アタッカーがパカパカと高速開放します。このタイミングに合わせて玉を打ち出すと出玉を大きく伸ばすことができるので実行していきましょう。

詳しいタイミングなどは打てば追記していきますが、週3.4程度でパチンコを打っている私のマイホでは北斗無双が開く可能性は0なので期待はせずに待っていてほしいです。

参考:セグ判別&設定推測 パチマガスロマガ攻略!

 

大当り中オーバー入賞

 

こちらは1R10Cなので9Cまで入れてからワンツーで2発でオーバー入賞が狙えます。
成功時は音がなり成功を伝えますがセンサーが辛め。

 

一応、シビアでセンサーは辛めだがやる価値あり
と、思いきや電チュー横の一般入賞口にかなりの頻度で玉が入るので

 

これがやっかい。うまく屋根にひっかけてもおまけポケットが邪魔をして
入らないなんてことがかなり多かったです。

なのでぶっちゃけやらなくてOK!
ただ!!!やらなくていいですが9Cまで入れた後に普通に2発だけ打つようにしましょう。

 

というのもアタッカーが閉まって、開くまでの間隔がかなり狭いので
玉のこぼれが少ないです。なので捻らずに普通に2発うって、運よくオーバー入賞を狙う。

 

仮に失敗しても開放間隔のせまさで次R開放時の分で玉が入ってくれるのでこぼれることも少ないです。

1回でも入れば±0にはなるので手軽だしやってみてください。

 

TOPに戻る

 

ひとこと

止め打ちにも書いていますが電サポの賞球は1です。

ただ、筐体を見ると電チューにいかなかった玉は外側の一般賞球口に流れるように なっているため、
こちらにいけば必然的に玉が増えます。

なので止め打ちはしっかり行うこと!

あとは電チューに流れる為にある横の釘を釘をガタガタにすることで
玉の入るタイミングなどを不規則にできますので ここも見ていったほうがいいと思います。

新基準スペックではありますがボーダーが16台と 甘くなっていますので、
単純に回る台であれば狙っていけると思います。

ただ、従来の北斗シリーズというよりかはスピンオフに近いのと
新基準スペックということで、お店がどういった扱いをしていくかは
少し不透明な部分もあります

なので様子を見て、長く使われそうな機種であるなら釘も開けてくると思いますので そこで狙っていくのがいいといった所でしょうか。

スポンサードリンク

2 comments to this article

  1. つの

    on 2018年10月21日 at 8:42 AM - 返信

    いつも見させて頂いてます。
    すごく今更なのですが初当たり6確時おまけ解放が数回あくのでそこでも玉増えできる旨の記載があると得する人が増えるんじゃないかなと思います。
    押し付けがましくて申し訳ないですが…

    • たなちゅー

      on 2018年10月22日 at 12:11 AM - 返信

      たなちゅー

      >>つの様。
      コメントありがとうございます!パカパカ狙いですね!押し付けがましいなんてとんでもないです。

      確かに記載があればよかったかなと思います!ありがとうございます。
      ちなみに北斗転生やモンハン4なんかもできますよね~。終日打つと数百発変わるのでこういった情報をもっと書いていったほうがいいかもしれないですね。。。

コメントを残す