CRキャプテン翼ZZ-Y 甘デジ1/137ver スペック 止め打ちなど

yjimage

 

キャプテン翼の甘verが登場します。

スペックは最近の甘デジによく見られる傾向となっているST突入率が無理ゲーで時短から突入させていくタイプですね。
ただ、一度STに入れば甘デジながら継続率は85%とかなり高くなっており

さらに電チュー賞球も3&ロングSTなので
かなり技術介入が高い機種となっており、期待感も少し膨らむ機種ではあります。

それではスペックをどうぞ

スポンサードリンク

■CRキャプテン翼■
1/137ver  スペック

大当たり確率:1/137.10→1/37.40
■賞球数 3&10

大当たり出玉
約960個(15R)
約290個(5R)
8C 賞球10

ST突入率5
⇒実質継続率85%

電チュー
70回転(時短、ST共に)

平均連チャン数 連(平均出玉個)

■ヘソ入賞時の振り分け■

5R確変(ST:70回):5%

5R通常(時短:70回):95%

■電チュー入賞時の振り分け■

15R確変(ST:70回):25%
5R確変(ST:70回):75% 

TOPに戻る


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
—– —–  —–
2.5円  21.79  —–
3.0円  20.31 —–
3.5円 19.25 —–
等価  18.46 —–

TOPに戻る



 

☆止め打ち
▼簡易版▼
①電チュー開放1回目がひらくと同時に打ち出しやめ。
②電チュー開放二回目が閉まったら打ち出し開始。
⇒以後繰り返し
▼個数うち▼
①電チュー開放1回目が閉じると同時に一発
(3開放目の入賞にあわせる)
②電チュー開放2回目が閉まったら一発
(4開放目の入賞にあわせる)
③電チュー3回目が閉じると同時に1発
(1開放目の入賞にあわせる)
④電チュー開放4回目が閉まると同時に一発
(3開放目の入賞にあわせる)

 

TOPに戻る

ひとこと

甘デジながらロングSTというのと電チューでの賞球が3であることから
技術介入要素はかなり高く、正直、めちゃくちゃ喰える機種ではあるんですね。

ただ、スペック的には喰える機種なんですが=釘が・・・
ってことになるので、右の釘はしっかり見ていきましょう。

とりあえず個数打ちではスルーが枯渇しやすいのでスルーは絶対見るように

スペック的にそこまで回らなくても勝負できるんですが
マックスでの滑り具合や導入台数的にも開ける必要性はお店的にもないので

喰える機種ではあるが、喰える釘ではないという可能性が非常に高いのでスルーでいいと思います。

逆に無調整以上なら積極的に打っていっていいと思います
TOPに戻る

スペック一覧はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す