CR仄暗い水の底から スペック ボーダー.止めうち(※止め打ち追記しました)

honogurai-obi

 

ホラーシリーズでお馴染みの藤商事から「CR仄暗い水の底から」が登場。

スペックはヘソ賞球5の電チュー賞球1ミドルタイプでST100回の突入率80%と
なっています。

右でのあたりの15R比率は100%とかなり高くなっていますが落とし穴があるので注意!

それではスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR仄暗い水の底から スペック

 

基本データ
大当たり確率 1/319→1/60
賞球数 5&1&4&12

■大当り出玉
約1320個(15R)
約615個(実質7R)

8C×賞球12

ST突入率 80%
⇒実質継続率 約64.6%
電チュー 100回
平均連チャン数3.7連 平均出玉4180玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

実質7R確変(ST:100回):80%
実質7R通常(時短:100回):20%

電チュー入賞時の振り分

 

15R確変(ST:100回):80%
15R通常(時短:100回):20%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  26.4 27.8
3.03円 24.2 25.5
3.33円 23.3 24.5
3.57円 22.7 23.9
等価 21.6 22.8

 


 

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価
17回転 -12.5円
18回転 -9.26円
19回転 -6.34円
20回転 -3.7円
21回転 -1.32円
22回転 0.84円
23回転 2.82円
24回転 4.63円

※自己算出なので参考程度にしてください(7R615発&トータル確率53.136で計算{等価})

例.1k/17回転、期待値10円の場合2000回転時、期待値は20000円


 

☆止め打ち
[ST中]
電チューが閉じる直前に2発

TOPに戻る

ひとこと

落とし穴というのは
電チュー大当りの15Rが100%あるといっても出玉がすくない点です。

約1300発って実際12.3Rみたいなもんですからね

単に誇張してるだけです。

それでいて継続率65%程度の突入率80%なので
旨みは何もないですね。

しいていうなら夏だしホラーっていうことで
ホールで寒気を感じれるくらいでしょうか・・・?w

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す