CR PROJECT TK 1/109ver スペック ボーダー.止めうち

IMG_6409

 

 

サンセイから新台、CR PROJECT TK PP2-Yが登場。

こちらは甘デジタイプとなっており、一種二種混合タイプを受け継いでおります。甘デジ、タイプなので当然、突入率は辛め。 さらにそこから継続率も60%以下という鬼畜仕様です。

これからこんな機種ばっかになるんですかね~・・・
辛いですが一応スペックをどうぞ。

スポンサードリンク

 

CRCR PROJECT TK スペック

 

基本データ
大当たり確率 1/109.77
賞球数 3&4&7
■大当り出玉
約800個(15R)
約230個(4R)
10C×賞球7
ST突入率 40%
⇒実質継続率 約58%(アンコールチャンス含む)
電チュー 100回
平均連チャン数3連 平均出玉1830玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

4R大当り(ラッシュ突入):40%
15R大当り(ラッシュ非突入):60%

 

電チュー入賞時の振り分

 

15R大当り(ラッシュ継続:50%
15R大当り(ラッシュ終了):50%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  23.7 25
3.03円 22.6 23.8
3.33円 22.1 23.3
3.57円 21.7 22.8
等価 21.1 22.2

 

☆止め打ち
①電チュー(べろ)1回目が開いたら打ち出し停止
⇒2回目が開いたら打ち出し再開
②盤面左下にある
Screenshot_2016-02-09-22-54-51
が動き始めたら「電チュー保留があることを確認後打ち出し再開
(電チュー保留の有無理由については後述)③ミニキャラが音符を飛ばしVに命中したのを確認後3発

 

☆アンコールチャンス中

■アンコールCHANCE

ryydyy5y

今機種で非常に重要な演出。

かならず仕組みは理解しておきましょう!!

ラッシュ終了時に電チュー残り保留があるときのみ
突入する引き戻しゾーンとなっていて

見事演出で大当り+ラッシュ再突入となっています。

チャンスアップパターンとしてタイトルに「スーパー」がついていたり
完成が赤ならチャンスアップパターンとなっています。

 

☆アンコールチャンス攻略ポイント

 

アンコールCHANCEの発生条件はRUSH終了時に
電チュー保留があることが最低条件。

そのため、下記2つの点に注意して打っていきましょう。

 

① 電チュー保留がないときは必ず打ちっぱなし

Screenshot_2016-02-09-22-54-51

電チュー保留は盤面右下のランプで確認可能

なので貯まっていないときは打ちっぱなしをするように

 

② 保留が無いときに当りそうになってしまう場合
は必ず打ち出しを停止すること。

 

Screenshot_2016-02-09-22-54-53

ラッシュ中 もし電チュー保留が貯まっていない
状況でルーレットにVが停止した際

そのままV入賞させずに打ち出しを停止し
V入賞を防ぎましょう。

これによりアンコールチャンスの恩恵を受けやすくなります。

 

ひとこと

ラッシュ突入率は40%継続率は58%と思いきや、「アンコールチャンス含む」となってますので、実際の継続率は50%です。

40%でやっとラッシュ入れて実質継続率は50%ですからね・・・どこをどうとっても勝てる台ではないです。技術介入をしてもかなりきつい機種。

なにより継続のしなさ、ラッシュの入らなさからイライラする要素が多いですね。 とりあえずは既存の甘デジがあるならそちらをお勧めします

スポンサードリンク

コメントを残す