CRちょいパチ弾球黙示録カイジ3 スペック ボーダー.止めうち

IMG_5021

 

 

ちょいパチシリーズからCRちょいパチ弾球黙示録カイジ3が登場。

こちらはV-ST機で連荘率はちょいパチにしては高く65%となっています。

ただ、突入率が40%と低め。
ヘソの賞球は5となっています。

それではスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CRちょいパチ弾球黙示録カイジ3
スペック

 

基本データ
大当たり確率 1/39.9→1/29.0
賞球数 5&1&3&5

 

■大当り出玉
約240個(8R)
約150個(5R)
約120個(4R)
約30個(1R)
9C×賞球5

 

ST突入率 40%
⇒実質継続率 約65%
電チュー 4回or30回
平均連チャン数連 平均出玉玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

8R確変(ST:30回):8%
5R確変(ST:30回):30%
1R確変(ST:30回):2%
4R通常(時短:4回):60%

 

電チュー入賞時の振り分

 

8R確変(ST:30回):80%
1R確変(ST:30回):20%

 

 


 

1000円あたりのボーダーライン

 

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円
3.03円
3.33円
3.57円
等価

※分かり次第追記していきます

 

☆止め打ち

 

 返しが1なので数発うって止めでいいと思います。
フタをあけてみないとわかりませんが。5回開放と7回開放の可能性があるので3開ほうめくらいにうちだしをやめて、5.6回目くらいに打ち出しでいいと思います

 

ひとこと

遊べるちょいパチですが突入率は40%とらしさはないです。

一応、ヘソの通常にも時短が4回転つきますので、時短終了時にしっかり電チュー保留を貯めておくようにしましょう。

実質8回転の恩恵を受けれるので、ちょいぱちでの+4回転の恩恵はかなりでかいです。

突入率も実質上がるのでかならず貯めていきましょう

スポンサードリンク

コメントを残す