CR烈火の炎2 219ver スペック ボーダー.止めうち

rekkanonhonoo

烈火の炎のライトミドルverが登場します

こちらはミドル同様、16R大当り時は2400発近くの出玉を獲得可能と一撃性を秘めていますが、元々辛いのでなんともいえないです。

ちなみに賞球はミドル同様、ヘソ3、電チュー1となっています

それではスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR烈火の炎2
219verスペック

 

基本データ
大当たり確率 1/219.2→1/96.0
賞球数 3&1&4&15
■大当り出玉
約2400個(16R)
約750個(実質5R)
約600個(実質4R)
約450個(3R)
10C×賞球15)
ST突入率 50%
⇒実質継続率 約65%
電チュー 100回
平均連チャン数連 平均出玉玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

5R確変(ST:100回)
4R通常(時短:100回):50%

 

電チュー入賞時の振り分

 

16R確変(ST:100回):50%
3R確変(ST:100回):50%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円
3.03円
3.33円
3.57円
等価

分かり次第追記


☆止め打ち
 {大当り中}
1Cの賞球が15もあるのでできるなら9Cまでいれてからワンツーでオーバー入賞を狙いましょう
{ST中}
返しが1なので数発うって止め。でいいと思います

 

ひとこと

スペックは丸々ミドルと同じで確率が下がった分、他の部分の割合的に辛くなった感じですね。

特段、変わった要素はなく、ミドルをうっていればすんなり受けいれらると思います。

電サポ大当りでは16Rもしくは3Rの比率が1:1なので3Rに偏れば台パンまったなしですね。そういう意味では荒れやすいスペックなので少し気をつけたほうがいいです

スポンサードリンク

コメントを残す