ちょいパチ ヤッターマン 39 スペック ボーダー.止めうち

021320_main_image_s

 

ちょいパチシリーズからちょいパチ ヤッターマン 39verが登場。

スペックはヘソ賞球5の電チュー賞球1のV-確変機となっています。

ヘソからの突入率は鬼門なので運よくいれるか、時短で当てていくかといった感じのスペックになっています。

スポンサードリンク

Cちょいパチ ヤッターマン 39スペック

 

基本データ
大当たり確率 1/39.9→1/29.9
賞球数 5&1&3&4&5
■大当り出玉
約410個(15R)
約110個(4R)
7C×賞球5
確変突入率(ヘソ) 30%
確変突入率(電チュー) 60%
電チュー 10回or次回
平均連チャン数4.22連 平均出玉616玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

4R確変(次回まで):30%
4R通常(時短:10回):70%

 

電チュー入賞時の振り分

 

15R確変(次回まで):20%
4R確変(次回まで):40%
4R通常(時短:10回):40%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  31.2 32.8
3.03円 29.7 31.2
3.33円 29.1 30.6
3.57円 28.5 30
等価 27.7 29.2

☆止め打ち
 返しが1なので数発うって、止め。でいいと思います。

 

ひとこと

ちょいパチなのでというのがありますが、交換率2.5円時のボーダーが30回転を越える日がくるとは誰が想像したでしょうか・・・w

まぁへその賞球も5あるのでかなり遊びやすくなっています。

ただ、現段階ではちょいパチシリーズはじわじわ負けるパチンコと覚えておきましょう。

しかし、下手な1円を打つよりかはこの機種は楽しめるかもしれませんね。出玉の爽快感はありませんが・・・

スポンサードリンク

コメントを残す