CR ANOTHER(アナザー)牙狼~炎の刻印~ ボーダー.止め打ち スペック(※止め打ち追記しました)

anothergaro-obi-e1475650181512

 

サンセイから新台CR ANOTHER牙狼~炎の刻印~が登場。

2016年、最後のビックタイトル機。

スペックはミドルタイプのSTではなく確率変動機となっており、継続率は上限いっぱいの65%

また、今作は2014年に放送されたアニメをモチーフとしているみたいですね。

さらにCR ANOTHER牙狼~炎の刻印~は嬉しい電チューの賞球3.ヘソの賞球も4となっており、技術介入が可能になっているかも?

ビックタイトル+技術介入ができる可能性があるということでかなり期待が持てる機種となっており、新基準の救世主となれるか?! 要注目です!!

それではCR ANOTHER牙狼~炎の刻印~のスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR ANOTHER牙狼
~炎の刻印~スペック

 

基本データ
大当たり確率 1/299.25→1/43.69
賞球数 4&3&14
導入予定日 2016年 12月19日
■大当り出玉
約1810個(16R)
約1360個(12R)
約910個(8R)
約680個(6R)
約460個(4R)
9C×賞球14
確変突入率 約65%
電チュー 10回or20回or次回まで
平均連チャン数4.19連 平均出玉5685玉

 

ヘソ入賞時の振り分け

 

16R確変(次回まで):5%
6R確変(次回まで):60%
6R通常(時短:100回):2%
6R通常( 時短:20回):11%
6R通常(時短:10回):22% 

 

電チュー入賞時の振り分

 

16R確変(次回まで):40%
LIMIT BREAK 16R確変(次回まで):4%
LIMIT BREAK 12R確変(次回まで):4%
LIMIT BREAK 8R確変(次回まで):4%
LIMIT BREAK 4R確変(次回まで):12%
突然確変(次回まで):1%
16R通常(時短:100回):16%
突然時短(時短:100回):19%

 

PV


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  23 24
3.03円 21 22
3.33円 21 22
3.57円 20 21
等価 18.6 19.6

ボーダー別1回転あたりの期待値

トータル確率/R数 等価 3.57円
16回転 -8.74円 -11.16円
16.5回転 -6.84円 -9.47円
17回転 -5.06円 -7.87円
17.5回転 -3.38円 -6.37円
18回転 -1.79円 -4.96円
18.5回転 -0.29円 -3.62円
19回転 1.13円 -2.35円
19.5回転 2.48円 -1.14円
20回転 3.76円 0円
20.5回転 4.98円 1.09円
21回転 6.14円 2.13円
21.5回転 7.25円 3.11円
22回転 8.31円 4.06円
23回転 10.29円 5.82円
24回転 12.1円 7.44円

※自己算出なので参考程度にしてください (16R1810発&トータル確率134.6637で計算{等価})

例.1k/17回転、期待値10円の場合2000回転時、期待値は20000円


☆止め打ち
 【大当り中】
1R9Cなので8Cまでアタッカーに入れてからワンツーで2発。できない人は8Cまで入れてから2発打って、運よくオーバー入賞を狙いましょう。
【電サポ中】
①1~3開放はハネが開くと同時に1発
②4回目が閉じたら1発
⇒以後繰り返し。
【オール捻り】
4回目が閉じる直前からワンツー×4回

 

ひとこと

ここらへんはまた追記していきますが筐体をパッとみる限りアタッカーは甘そうというのと、スルー&電チューが絶狼タイプっぽいです。

開放のパターンにもよりますが、筐体を見る限り技術介入できる可能性大です。

かなり喰えそうですね!!
新基準の中でも比較的甘いスペックなのでこれくらいの機種がでてくれるなら新基準も捨てたもんじゃないかと思えてきます(゜∀゜)

ただ、ヘソ大当りでの通常の際の時短回数がかなり短いです。通常大当りの35%の内、22%は時短10.11%は時短20回のみととなっています。(残り2%で100回)

ヘソ大当りでいかに確変を引くかが鍵になりますね。

一度、確変に入ると最低でも時短100回はもらえる点は大きいです。(電サポでの通常は出玉あり時短100と出玉なし時短100があるので注意)

ということは技術介入するしないでは大きな差がでるのでやはり止め打ち必須でしょう。止めうちなどに関しては詳しく分かり次第追記していきます!

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す