CR北斗の拳7 転生 ボーダー.止め打ち.スペック(※止め打ち追記しました!)

ほくとのけんてんせい

 

サミーから新台、CR北斗の拳7 転生が登場。

ビッグタイトルとなる北斗の拳転生のスペックは大当り確率1/319の北斗シリーズお馴染みバトルタイプの確変機。 確変中はバトル勝利でオール2400発と爆発力抜群のスペックになっています。

確変中は、図柄テンパイ後に最大4回バトルに発展。 そこで勝敗を決めていくという形になります。

また、今作から新たにレイを選択可能に!

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCR北斗の拳7 転生のスペックをどうぞ。

スポンサードリンク

CR北斗の拳7 転生 スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.7→1/47.0
賞球数 4&1&2&3&15
導入予定日 2017年 4月17日
■大当り出玉
約2400個(16R)
約600個(4R)
10C×賞球15
確変突入率 65%
電チュー 7回or100回or次回まで
平均連チャン数3.54連 平均出玉6265玉

 

PV

ヘソ入賞時の振り分け

実質4R確変(次回まで):65%
実質4R通常(時短:7回):35%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(次回まで):65%
突然時短(時短:100回):35%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  23 24
3.03円 21 22
3.33円 20 21
3.57円 20 21
等価 18.6 19.6

回転数別1回転あたりの単価

トータル確率/R数 等価 3.57円
16回転 -8.74円 -11.16円
16.5回転 -6.84円 -9.47円
17回転 -5.06円 -7.88円
17.5回転 -3.38円 -6.38円
18回転 -1.79円 -4.96円
18.5回転 -0.29円 -3.62円
19回転 1.13円 -2.35円
19.5回転 2.48円 -1.14円
20回転 3.76円 ±0円
20.5回転 4.98円 1.09円
21回転 6.14円 2.13 円
21.5回転 7.25円 3.11円
22回転 8.31円 4.06円
22.5回転 9.32円 4.96円
23回転 ⇒ねらい目10.29円 5.82円
23.5回転 11.21円 6.65円
24回転 12.1円 7.44円

※自己算出(4R600発&トータル確率44.6399で計算【等価】) 例.1k/17回転、1回転辺りの期待値10円の場合2000回転時、期待値は20000円


☆止め打ち
 【大当り中】
1R10Cなので9発目までアタッカーに入れてからワンツーでオーバー入賞を狙いましょう。また、北斗転生はラウンド間うちっぱなしにすると3玉程度損をするのでしっかりラウンド止めをしたほうがいいです。
【電サポ中止めうち】
↓小デジ位置
小デジ
機種は北斗無双になりますがランプは一緒なので引用しています。
・電サポは3開放、1セット
【簡易版-A】
①2回目の開放が開いたら1拍置いて打ち出しヤメ
②3回目の開放が閉じたら打ち出し再開

【簡易版-B】
①電チューが閉まると1発
⇒以後繰り返し

【応用版-A・左点灯時】
①1回目の開放が開いてから2拍程度置いて2発
②2回目の開放が開いてから2拍程度置いて1発
③3回目の開放が閉じる瞬間に1発
【応用版-A・右点灯時】
①1回目の開放が開いたら2発
②2回目の開放が開いてから2拍程度置いて2発
③3回目の開放が閉じる瞬間に1発
【応用版-B・左点灯時】
①1回目の開放が閉まると同時に1発
②2回目の開放が閉まると同時に1発
③3回目の開放が閉まったら1発

【応用版-B・右点灯時】
①1回目の開放が閉まると同時に1発
②2回目の開放が閉まると同時に2発
③3回目の開放が閉まったら1発

※簡易版、応用版、どちらを実践しても玉減りはさけられない可能性が高いのでリーチ発展時は打ち出しをやめるといいかもしれません・・・。

 

ひとこと

ビッグタイトル+導入台数の多さなどからホールもあきらかにこの北斗転生に頼ってくると思います。

お店としても大事に扱っていきたいはずなので釘が開く可能性は多いにあります。

ボーダーも新基準の中では等価で18.6と甘く破壊力も抜群なので是非打っていきたい機種ですね~。

また、若干ですが技術介入できる可能性もあるのでここらへんも分かり次第詳しく追記してきます。 

技術介入はできない可能性が高いです。

ゲーム性は非常にシンプルで 大当り図柄3.7で当った場合はバトルラッシュへと直で突入。

それ以外の図柄ではバトルボーナスとなりこのボーナス中にラオウとのラッシュを賭けたバトルへと突入。この際、自キャラがケンシロウではなくトキでチャンスアップとなります。

ちなみにラッシュではお馴染み、ケンシロウ、ラオウ、トキに加え新たにレイが使えるようになりました。

そしてバトルに敗北すると「一拳(ワンパン)ゾーン」へと突入
転生
図柄テンパイで一拳バトルへと突入し敵を撃破で16R大当りとなります。

また、通常大当りの際のバトルボーナス敗北時はひでぶゾーンへと突入。
hidebuzoe
7回転の通常or内部確変となり、7回転目のひでぶチャレンジでロゴが落下すればバトルラッシュへ突入。(バトルボーナス敗北だったが、内部的に確変状態であったということ)

といった仕組みになっています。

ちなみに北斗転生では小当たり、潜伏確変は非搭載となっているので電サポ非作動時ならいつやめてもOK. 一拳モード終了後は基本的に「北斗伝承モード」という特殊モードに一時的に突入しますが、これも内部状態は通常なので気にしないでOKです。

スポンサードリンク

2 comments to this article

  1. たく

    on 2017年5月11日 at 11:53 PM - 返信

    もうセグみて止めるの面倒なんで通常時みたいに保留満タン直前とめ→保留残り1で打ち出しにすることにしました笑
    これでもなかなか節約できますねー
    スルー削れないからこその手段ですけど時短最後の回転で保留貯めるの忘れて…笑

    • たなちゅー

      on 2017年5月12日 at 10:10 AM - 返信

      たなちゅー

      >>たく様
      ぼくもサミー系の台はめんどくさいとき一発打ちしますが案外行けるもんですよね(^-^)

      賞球2とはいえおまけぽけっとの存在がやはり大きいです!

たなちゅー にコメントする コメントをキャンセル