CR銀河鉄道999 ボーダー.止めうち.スペック(※止めうち追記しました)

ぎんがてつどう

 

平和から新台、CR銀河鉄道999が登場。

今回は享楽からではないので注意です。

スペックはミドルタイプのST機。 初回ST突入率は80%と高めで、さらにST中の連ちゃん率も約78%と高くなっています。

右打ち時の出玉も70%で16Rとかなり高くなっており、一撃性も備えているので少し注目している機種ではあります。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっております。

それではCR銀河鉄道999のスペックをどうぞ。

スポンサードリンク

CR銀河鉄道999スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.6→1/65.9
賞球数 4&1&3&14
導入予定日 2017年 6月5日
■大当り出玉
約1900個(15R)
約950個(8R)
約630個(5R)
9C×賞球14
ST突入率 80%
⇒実質STのみの継続率 約78%
電チュー 100回
平均連チャン数3.45連(初回確変突入時) 平均出玉4550玉

ヘソ入賞時の振り分け

5R確変(ST100回):80%
5R通常(時短:100回):20%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(ST100回):70%
8R確変(ST100回)10%
8R通常(時短100回)20%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24.3 25.5
3.03円 22.3 23.4
3.33円 21.4 22.6
3.57円 20.9 22
等価 19.9 20.9

☆止め打ち
【大当り中】
難易度・・・高
成功率・・・低
センサー感知が早く、屋根にひっかけるのもそれなりに難しいのでやらなくていいと思います。 1R9Cなので9Cちょうど入るよう調整でOK
【電サポ中】
①電チューが開放したら打ちだし
②1.2発打ったら打ち出しやめ
⇒以後繰り返し
電サポに関しては開放パターンが3種類ほどありますがどれも不規則で完璧に対応は不可。 玉減りは避けられないので上記止めうちのアバウト感で対応しましょう。

 

ひとこと

ヘソ大当りの出玉がもう少しあれば化けれる台でしたね。。。

スペック自体は悪くないんですが、もう少し改善できる点はあったかと。 まぁホールとの兼ね合いもあるのでそうはいかないんでしょうが残念です。

また、ST突入時の継続率の高さの要因ですが、これはST機ながら電サポの振り分けに通常を入れることで継続率を高めることができます。

なのでSTにはいったからって油断しないように。

ST駆け抜けorあたっても即通常でしたみたいなパターンも簡単に起こりますからね、実質的な継続率はなんせ62%程度ですから・・・

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す