CRリング 終焉ノ刻 ボーダー.止め打ち.スペック(※止めうち追記!)

りんぐしゅうえん

 

藤商事から新台、CRリング 終焉ノ刻が登場。

スペックはミドルタイプのV-ST機。
電サポ突入率の確変率は83%と高め。その分、ST機ながら電サポ大当りの通常がある機種ですね。

今後はこのタイプが主流になっていく可能性が高いので慣れていきましょう。

ヘソからのST突入率は54%で非突入時でも時短が100回付きます。また、ヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCRリング 終焉ノ刻のスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CRリング 終焉ノ刻スペック

基本データ
大当たり確率 1/319→1/114
賞球数 4&1&6&8&14
導入予定日 2017年 7月3日
■大当り出玉
約1970発(16R)
約740発(6R)
9C.14賞球

ST突入率 54%
⇒実質STのみの継続率 約83%
ST突入時のトータル継続率 約64%
電チュー 100回or168回
平均連チャン数3.44連(初回ST突入時) 平均出玉5281玉

 

試打動画

ヘソ入賞時の振り分け

6R確変(ST:168回):54%
6R通常(時短:100回):46%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(ST:168回):83%
16R通常(時短:100回):17%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  25.1 26.5
3.03円 23 24.3
3.33円 22.2 23.4
3.57円 21.6 22.
等価 20.5 21.7

☆止め打ち
 難易度・・・高
成功時の恩恵・・・激高
センサーが普通なのでうまく屋根にひっかければ軽く決まります。また、外に流れていく玉は基本的におまけポケットへと向かいさらにおまけポケットの賞球が8とかなり多いので必ず実践しましょう。

1R9Cなので8Cまでいれてからワンツーで2発

【電サポ中】
電チューが閉じたら5~9発程度うちだし
⇒以後繰り返し
止めうちは増やすよりも現状維持を目指しましょう。

 

ひとこと

こちらの機種は旧マックス機のガロ魔戒の花と一緒で内部的にSTでも見た目上はわからない仕様になっているみたいですね。

また、電サポの増減が1回転あたり-0.9個で計算されていますのでここで現状維持or微増なんかできた日には化ける可能性もでてくる台です。

ただ、16Rの出玉がもう少しほしかったところ。やはり昔の台に比べると色々劣る点がでてきてしまいますね。

藤商事=リングといってもいいくらいの台なのでお店の扱いにも台自体の評価も期待したいんですがどうでしょうか・・・。

スポンサードリンク

3 comments to this article

  1. 匿名

    on 2017年6月30日 at 3:05 PM - 返信

    昨日打ちました。
    スルー締められたらマジでやばい減りになりますね。
    時短100回転で上皿2回無くなりました…

    • たなちゅー

      on 2017年6月30日 at 9:21 PM - 返信

      たなちゅー

      早速はつうちされましたか!
      スルーがきついとのことですが、まさか、前のリングと一緒の感じですかね?

      ってなると、とてもじゃないですが打てる台ではなしうですね(・・;)

コメントを残す