CRクルクルセブン  ボーダーやゲーム性について解説。

くるくるせぶん

 

藤商事から新台、CRクルクルセブンが登場。

大当り確率は1/77と非常に遊びやすいスペック。また今機はリミット機となっており、3回リミットを受けた後は時短へと突入。ここで再度引き戻せれば3回のリミットを受けれる仕様。

複雑そうに見えて割かし単純なスペックとなっています。

それではCRクルクルセブンのスペックをどうぞ。

スポンサードリンク

CRクルクルセブン スペック

基本データ
大当たり確率 約1/77.7
賞球数 4&2&5&9
導入予定日 2017年 7月18日
■大当り出玉
約600個+α(1セット分)
8C・賞球9
確変 3回リミット
電チュー 20or100回転
平均連チャン数3.94連 平均出玉965玉

1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 22.7 23.9
3.03円 21.6 22.7
3.33円 21.1 22.2
3.57円 20.7 21.8
等価 20.2 21.2

☆止め打ち

 

ゲーム性について

こちらの機種は3回ワンセットのリミット機ではありますが、「大当り1回目」といった表示はなく3回分の大当りが自然と発生していくので注意。

また、大当り出玉の+αというものは大当り振り分けは実質7種類存在し中には15Rや13Rもあるため、こちらの振り分けに当選すれば、実際の出玉より多くの出玉を獲得可能となっています。

3回リミット発生後は時短へと突入。
時短の回数は20回もしくは100回ですが100回の振り分けは極端に低いみたいなので実質20回の時短と思っておきましょう。

ちなみにここで引き戻した場合は再度3回リミットとなり3回分の出玉を獲得可能。引き戻し率は約23%程度となっています。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す