CRモモキュンソード3 1/159ver.ライトミドル|ボーダー.止め打ち.スペック

ももきゅん

 

西陣から新台、CRモモキュンソード3 1/159verが登場。

ライトミドルverとなっており199verが以前でましたが、今回は1/159verとなっております。これで5タイプ目ですね~。ちょいぱちがでてからの登場となりますが、そこまでこの台の様々なスペックをユーザーが求めているか・・・ですね。

スペックはライトミドルタイプのSTタイプ。突入率は100%でロングSTとなっております。

ヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっております。

それではCRモモキュンソード3 1/159verのスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CRモモキュンソード3 1/159verスペック

基本データ
大当たり確率 1/159.07→1/145.64
賞球数 4&1&2&5&3&15
導入予定日 2017年 7月31日
■大当り出玉
約2400個(16R)
約1200個(8R)
約900個(6R)
約600個(4R)
約450個(3R)
約300個(2R)
10C・賞球15
ST突入率 100%
⇒実質継続率 約%
電チュー 100回

ヘソ入賞時の振り分け

16R確変(ST:100回):13.0%
3R確変(ST:100回):60.0%
2R確変(ST:100回):15.0%
RUB・16R確変(ST:100回):0.5%
RUB・8R確変(ST:100回):2.0%
RUB・4R確変(ST:100回):4.5%
RUB・6R確変(ST:100回):5.0%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(ST:100回):25.0%
3R確変(ST:100回):75.0%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉
3.円  27.9
3.5円  26.4
3.57円  26.2
等価  25.2

☆止め打ち
  【電サポ中】
返しが1なので数発打って止めでいいと思います

 

ひとこと

電サポは100回までですがST回数は104回転なので実質回転は潜伏するので注意が必要です。

また、ST100回に対して高確率時が150程度と低確時とほぼ変わらないので継続率はかなり低いです。それに加えて16R比率もひくいことから打つにはかなり厳しい台でしょう。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す