CR哲也 玄人の頂へ ボーダー.止め打ち.スペック.潜伏見極め(※止めうち追記!)

てつや

 

ダイイチから新台、CR哲也 玄人の頂へが登場。

スペックは大当り確率1/319、ミドルタイプの確変機となっていますが、ヘソ大当りの一部で潜伏確変を搭載しているの注意。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっており、技術介入要素は少なそうですが15R大当りの出玉が2000発オーバーと爆発力を備えたスペックになっています。

それではCR哲也 玄人の頂へのスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR哲也 玄人の頂へスペック

基本データ
大当たり確率 約1/319→約1/49
賞球数 4&1&3&15
導入予定日 2017年10月2日
■大当り出玉
約2320個(15R)
約880個(6R)
約60個(2R)
10C・賞球15
確変突入率 65%
電チュー 平均70回
平均連チャン数4.56連(初回バトル突入時) 平均出玉6105玉

ヘソ入賞時の振り分け

16R確変(次回まで):1%
6R確変(次回まで):49%
6R確変(:初回のみなし):15%
6R通常(時短:なし):35%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(次回まで):62%
2R確変(次回まで):3%

2R通常(時短:平均70回):35%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24 25.3
3.03円 22 23.2
3.33円 21.2 22.3
3.57円 20.7 21.7
等価 19.7 20.7

☆止め打ち
 【大当り中】
難易度・・・中
成功率・・・微低
屋根に引っ掛けれれば決まるんですがセンサーもそこまで甘くないし元のゲージも辛く、釘をちょっと叩かれるだけでアタッカー周りも簡単に死ぬのでそこまで旨みはないです。一応1R10Cなので9発まで打ってからワンツーをしてそのまま打ち続けましょう(ゼロアタッカーに近いシステムのため)

【電サポ中】
開放パターンは複雑かつ対処不可。
さらに元のゲージが辛く少しでも釘を叩かれると鬼のように減ります。現状では打ちっぱなしにしてリーチに発展すると打つのをやめるというのがベストです。

 

ひとこと

本機はヘソ大当りの約15%で潜伏確変を搭載しています。

潜伏は初回のみなので潜伏時に再度。15%の潜伏大当りを引いた際は電サポあり、確変に突入すると思います。

潜伏の見極めについてですがラウンドの演出に失敗した場合は「人外ノ夜」というモードへと移行。

hjkjhk
このモードは20回転限定なので20回転を経過後に「人外ノ夜モード」から通常に転落した場合は通状態が濃厚、逆に20回転を過ぎてもこのモードにいれば潜伏濃厚なのでなにかしらの大当りを引くまでは回すようにしましょう。

一応、画像のように右上に無限のマークがでるのでこちらを参考に立ち回ればいいと思います。

スペックは北斗転生に似たスペック。
それに潜伏がついて出玉が少し抑えられた感じですね。

ボーダーも甘くないのでよほど釘が開いていないと打つ機会には恵まれそうも無い台です。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す