CR弾球黙示録カイジ沼3 ライトミドル.カイジVer|ボーダー.止め打ち.スペック

かいじ

 

高尾から新台、CR弾球黙示録カイジ沼3のカイジverとざわっ…Verが登場。

こちらご紹介するのはカイジverとなっており、ライトミドルです。

これで3タイプが発売されたことになりますが、今回同時にでる甘デジの「ざわっ…Ver」が一番甘いスペックとなっているので、打つならそちらのほうがいいかもしれません。

それではCR弾球黙示録カイジ沼3のカイジverのスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR弾球黙示録カイジ沼3
カイジver.スペック

基本データ
大当たり確率 1/199.9→1/37.1
賞球数 4&1&4&3&10
導入予定日 2017年 10月2日
■大当り出玉
約1520個(16R)
約380個(4R)
10C×賞球10
確変突入率 59%
電チュー 0回or100回or次回まで
平均連チャン数5.03連(初回12R大当り時) 平均出玉5390玉

ヘソ入賞時の振り分け

16R確変(次回まで):16%
4R確変(初回潜伏):43%
4R通常(時短0or100回):47.5%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(次回まで):51%
4R確変(次回まで):8%
4R通常(時短30回):41%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円 24 25
3.03円 23 24
3.33円 22 23
3.57円 21 23
等価 20.2 21.3

☆止め打ち
【大当り中】
難易度・・・低
効果・・・高
1R10Cなので9Cまで入れてからワンツーで2発
【電サポ中】
電チューが開いたら2発を繰り返し
(こちらの機種はデジタル変動が高速のため止まることも多いですが時間効率は大してかわらないため気にせずOK)

 

ひとこと

ミドルタイプの利根川verが爆発力タイプならカイジverは安定タイプ。若干、継続率を上げることで爆発力が犠牲になったスペックですが、それでも一撃性はある機種です。

また、ヘソの一部で初回潜伏確変が搭載。

こちらは初回のみとなっており、2回目の大当りで通常を引いた際は時短がつくようになっています。しかし、初当り時に通常大当りだった場合、時短は0回となるので注意。

また、アタッカーのオーバー入賞がガンガンきまるので若干ボーダーを下げることが可能。

1R10Cなのでしっかり9Cまでいれてからワンツーで出玉を増やしていきましょう。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す