CR不二子~Lupin The End~ ボーダー.止め打ち.スペック(※止めうち追記!

ふじこ

 

平和から新台、CR不二子~Lupin The End~が登場。

ルパンザエンドの不二子verとなっており、大当り確率は同じく1/319でSTタイプとなって登場。

ヘソでの出玉や継続率を抑えた分、出玉特化型のスペックとなっています。

それではCR不二子~Lupin The End~スペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR不二子~Lupin The End~ スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.6→1/55.7
賞球数 4&1&3&15
導入予定日 2017年 11月日
■大当り出玉
約2260個(16R)
約1130個(8R)
約420個(3R)
10C×賞球15
ST突入率 77%
⇒実質継続率 約64%
電チュー 100回
平均連チャン数3.85連 平均出玉4800玉

ヘソ入賞時の振り分け

8R確変(ST:100回):2%
3R確変(ST:100回):75%
3R確変(時短:100回):23%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(ST:100回):50%
8R確変(ST:100回):17%
3R確変(ST:100回):10%
3R確変(時短:100回):23%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24.8 26.1
3.03円 22.7 24
3.33円  21.9 23.1
3.57円 21.3 22.5
等価 20.3 21.4

☆止め打ち
 【大当り中】
屋根にひっかけるのが難しいですが、うまくできればバンバン決まります。 1R10Cなので9発まで入れてからワンツーで捻っていきましょう。
【電サポ中】
①電チューが開放したら1発
⇒以後繰り返し。
(開放パターンは複数かつ、複雑の為上記止めうちで対処)

 

ひとこと

止めうちのパターンは若干変化しております。

普通のルパンザエンドは単純な開放のみでしたが不二子verは1.4.5.6開放のどれかとなっており非常に複雑。

対処しきるのは難しい為、1発打ちでできるだけムダ玉を防ぎましょう。

おまけポケットによっては微増も可能かもしれないのでおまけポケット付近の釘もあわせてみていきたいですね。

 

スポンサードリンク

5 comments to this article

  1. 匿名

    on 2017年11月22日 at 11:16 PM - 返信

    本日実践してきましたが捻りは変わらず効果大ですが、止め打ちに関しては開放パターン複数あり。
    適当に開放に合わせて単発でもスルーが枯れなければ微減くらいには抑えられましたが、前作ほど簡単ではないようです。
    パターンが判明すればポケットが電チューの上にあるので調整次第では微増できるかなって感じでした。

    • たなちゅー

      on 2017年11月23日 at 6:04 PM - 返信

      たなちゅー

      〉〉匿名様、さっそく実践されましたか!ご報告ありがとうございます。ついきさせていただきますね!

  2. 匿名

    on 2017年11月24日 at 3:45 PM - 返信

    止め打ち
    ランプ左→ショート6回orミドル・ショート・ミドル・ミドルの4回
    ランプ右→ミドル3回orミドル・ショート・ショート・ショート・ショートの5回
    ランプ両方→ロング1回orミドル・ロングの2回

    各ランプで2種ずつ開放パターンがあると思うので、ランプ確認後1開放目の長さでどちらのパターンかを瞬時に判断して合わせる感じで、釘にもよりますが回転0.1〜0.2の微増までもっていけました。

  3. 匿名

    on 2017年11月24日 at 3:48 PM - 返信

    当たり中の捻りは、弱中強の3発打ちが綺麗に決まれば2発オーバーもちょこちょこ狙えるので、2発打ちより3発打ちの方がベターに感じました!

    • たなちゅー

      on 2017年11月24日 at 11:54 PM - 返信

      たなちゅー

      >>匿名様

      ご報告ありがとうございます!微増できてさらに大当りでの捻りによって出玉の増加も狙えるなら喰えそうですね!ルパンザエンドは消化も速かったので不二子verも一緒だとなおいいですね~。機会があれば打ちたいんですがマイホに導入がなくてなかなかさわる機会がなさそうです(ノд・。)

コメントを残す