真・花の慶次2 ボーダー.止めうち.スペック(※止めうち追記!)

はなのけいじ

 

ニューギンから新台、真・花の慶次2 が登場。

今作は花の慶次シリーズ初の確変転落タイプとなっています。

大当り確率は1/319、確変突入率はヘソ70%、電サポ100%となっておりV確変なのでV入賞が確変の条件となります。

電サポは100回or100+αで高確率時の大当たりは1/145、転落確率は1/270の一見やれそうな感じではありますね。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

花の慶次シリーズ初の確変転落タイプ、果たして流行るのでしょうか。それではスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR真・花の慶次2 スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.68→1/145.31
賞球数 4&1&4&3&14
導入予定日 2017年 12月18日
■大当り出玉
約1920個(16R)
約720個(6R)
9C×賞球14
確変突入率 70%
確変転落確率 1/270
電チュー 100回or100回+α
平均連チャン数3.2連(初回確変時) 平均出玉5118玉
V確変機 V入賞で確変
PV

ヘソ入賞時の振り分け

16R確変(電サポ100回+α):10%
6R確変(電サポ100回+α):60%
6R確変(時短:100回):30%

電チュー入賞時の振り分

16R確変(100回+α):100%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  23.1 25.1
3.03円 21.4 23.1
3.33円 20.6 22.3
3.57円 20.1 21.7
等価 19.2 21

☆止め打ち
【大当り中】
難易度・・・微高
成功率・・・高
難易度は高めですが、成功したときの恩恵は大きいです。積極的にトライしましょう。1R9Cなので8Cまでいれてから(4~5発アタッカーに入ったら打つのをやめる感じ)ワンツーで2発

【電サポ中】
↓小デジ位置
小でじ ニューギン
・左点灯・・・1回開放(ロング)
・右点灯・・・2回開放-①(ミドル⇒ショート)
・左右点灯・・・2回開放-②(ショート⇒ミドル)
・消灯・・・ハズレ
ロング開放・・・7発程度入賞
ミドル開放・・・4発程度入賞
ショート開放・・・1~2発入賞
共通手順・・・最終開放時は閉じる前に2発
①小デジランプの開放パターンを把握
②-A、左開放時・・・3発
②-B 右開放時・・・4発
②-C 左右点灯時・・・4発
③共通手順へ
⇒以後繰りかえし

 

ひとこと

電サポは1回転あたり-0.5玉で計算されています。

なので電サポ中を現状維持または微増できればボーダーは19を切るのでかなり新内規の中では甘い部類に入りそう。

※追記
おまけポケットによっては微増できそう。
逆に削られると結構厳しい印象です。微増できるだけでボーダーは18.5くらいまでは下げれるのでおまけポケット付近の釘はチェックしておいたほうがよさそうです。

本機は花の慶次シリーズ初の確変転落タイプとなります。
転落確率は1/270で高確率時の大当り確率は1/145となんともいえない感じ。

前作の慶次雲のように確変中がだれる感じが予想できますね。

ただ、右打ち時の大当たりはすべて16R+突入率も70%あるので安定性は増しました。

破壊力もそれなりにあるし大型盤権なので非常に注目機種ですね。

お店も積極的に釘を動かすことが予想できますので打てそうな台があればGOで。

今作は前作ほど全体的な消化は遅くないので等価ボーダーで23.5くらいあれば時給2000円程度はいくと思います。

できれば24回転くらいほしいですが23.5くらいをベースに立ち回っていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す