CR彼岸島 ボーダー.止め打ち.スペック(※ボーダー追記!)

ひがんじま

 

サンセイから新台、CR彼岸島が登場。

いままでガロといった画期的なシステムを作ってきたサンセイですが今回のCR彼岸島も斬新なつくりとなっています。

パチンコは通常左に玉を打ってヘソに玉を入賞させるものですが、CR彼岸島では通常時の右打ちも可能となっており、左打ちと右打ちでスペックの異なる機種になっています。

左打ちは「明ルート」と呼ばれ突入率80%のV-STタイプ。 右打ちは「師匠ルート」は4Rと16Rの比率が1:1で確変といった概念もない昔ながらパチンコとなっています。(右打ちはあたれば4Ror16R大当りで終了)

それぞれ打つタイミングや時間などによって打ち分けも可能となっており、1機種で2つのスペックが味わえるようになっています。

大当り確率は1/256で(明ルート)で記載したように突入率は80%、継続率は64%となっています。

師匠ルートは下記に掲載します。

それではCR彼岸島のスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR彼岸島スペック

基本データ(明ルート)
大当たり確率 1/256→1/99.90
賞球数 4&1&3&15
導入予定日 2018年 2月5日
ST突入率 80%
⇒実質継続率 約63.8%
電チュー 100回
平均連チャン数2.53連 平均出玉2925玉
大当り出玉
16R 2260個
6R 850個
5R 700個
4R 560個
10C 15賞球
ヘソ&電チュー入賞時の振り分け
16R確変(ST:100回) 30%
16R確変(ST:100回) 15%
16R確変(ST:100回) 15%
16R確変(ST:100回) 20%
4R通常(時短:100回) 20%
基本データ(師匠ルート)
大当たり確率 1/256
賞球数 4&1&3&15
確率変動 なし
電チュー なし
大当り出玉
16R 2260個
4R 560個
師匠ルートの右打ち時
16R大当り 50%
4R大当り 50%

PV


1000円あたりのボーダーライン(左打ち)

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  31.4 33.1
3.03円  28.3 29.9
3.33円 26.9 28.4
3.57円 25.9 27.3
等価 24.4 25.7

1000円あたりのボーダーライン(右打ち)

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  51.1 53.8
3.03円 48.6 51.2
3.33円 47.6 50.1
3.57円 46.7 49.2
等価 45.4 47.8

☆止め打ち

分かり次第追記

 

ひとこと

こちらは1台で2つのスペックを味わえる台。

従来のパチンコ機となる左打ちの「明ルート」と右打ちで大当たりを狙う「師匠ルート」

それぞれ特徴があり、明ルートはV-ST機の突入率80%の継続率約64%と普通のV-ST機。

師匠ルートはハネモノのような1発台で当たれば16Ror4R、それぞれ比率が1:1となっています。

どちらのスペックで打つかは個人の自由ですが両スペックとも激から・・・。

師匠ルートに関してはボーダー45.4と・・・w

ただここまで辛いということはびっくりするくらい回るんでしょうけどここらへんはフタを開けてみないとわかりませんね。

また詳しく分かり次第追記していきますが、ちょっと楽しみにしていただけに残念スペックです。

スポンサードリンク

コメントを残す