CRF.クィーン 2018 1/219ver|ボーダー.止め打ち.スペック

くいーん

 

ジェイビーから新台、CRF.クィーン 2018 1/219verが登場。

3タイプ同時に登場でこちらご紹介するのは1/219タイプ。 残り2台は1/109と1/106verとなっています。

スペックはシンプルSTタイプ。

ST突入率100%のSTはなんと8回のみ!
さらに大当たりの振り分けも1つのみで連荘率は31%。

非常にシンプルかつきつい仕様。
ただヘソの賞球が6あるため遊びやすいスペックにはなっていますがイケイケ感などはないので若者うけはしない台でしょうね。

それではCRF.クィーン 2018 1/219verのスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CRF.クィーン 2018 1/219verスペック

基本データ
大当たり確率 1/219.6→1/22.1
賞球数 6&2&3&13
導入予定日 2018年2月19日
ST突入率 100%
⇒実質継続率 約31%
電チュー 8回
平均連チャン数1.45連 平均出玉2462玉
トータル確率 1/151.6
大当り出玉
15R 1700個
9C 13賞球
ヘソ&電チュー賞時の振り分け
16R確変(ST:8回) 100%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  26.1 27.5
3.03円 24.4 25.7
3.33円 23.7 24.9
3.57円 23.2 24.4
等価 22.3 23.5

☆止め打ち

【大当り中】
こちらの機種は左右対称ゲージとなっていますが故意にオーバー入賞をさせるのはむずかしそうなため、天井部分に打ち出し右と左に玉をちらして運よくオーバー入賞を狙いましょう。

ちなみに1Rは9Cとなっています。

【電サポ中】
①電サポが開くと同時に2発
⇒以後繰り返し。

 

ひとこと

非常にシンプルスペック。

最近ジェイビーはこういったスペックを積極的にだしている気もしますが正直若者からすれば一切興味のないコアなファンまたはシニア向けの機種になるでしょう。

狙い層が高齢者むけに絞られてしまう台のため釘が開くことも薄そう。

ただ、消化効率はいいのであたればすぐにやめれるしちょっと打ちたいって人には良い台だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す