CR哲也 玄人の頂へ 天運ver ボーダー.止め打ち.スペック(※ボーダー追記!)

てつや

 

ダイイチから新台、CR哲也 玄人の頂へ 天運verが登場。

天運verは大当り確率1/129の甘デジタイプ。継続率は60%でミドルタイプがそのまま甘デジになった感じですね。

時短回数は62回とありますが恐らくミドル同様、いつ時短に転落したかわかず、いつ終わるかもわからない打ち手に特に得のない仕様になっていると思います。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCR哲也 玄人の頂へ 天運verのスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR哲也 玄人の頂へ
天運ver スペック

基本データ
大当たり確率 約1/129.77→約1/24.99
賞球数 4&1&3&11
導入予定日 2018年 3月5日
確変突入率 60%
時短回数 平均62回
平均連チャン数連 平均出玉玉
大当り出玉
16R 1056個
6R 396個
ヘソ入賞時の振り分け
16R確変 1%
6R確変 15%
6R確変(初回サポなし) 44%
6R通常(初回サポなし) 40%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変 56%
2R確変 4%
2R通常 40%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24.6 25.8
3.03円 23.4 24.6
3.33円 22.9 24.1
3.57円 22.5 23.6
等価 21.8 23

☆止め打ち

分かり次第追記

 

ひとこと

電サポが平均62回となっているのは先もいったように内部的にしか確変か否かわからない仕様になっています。

なのでいきなり電サポが終了したりちょっとあっけからんとするかもしれませんが確変状態で電サポが終了することはないので電サポが終了したときは内部的に通常状態であったという認識でOKです。

また、ヘソ確変大当たりのほとんどが6R確変初回電サポなしとなっているので注意。

さらにヘソの6R通常も内部が通常状態であれば電サポはつかないようになっています。なのでヘソ大当りで時短となった場合は内部的に確変状態であったということですね。

朝一ランプや潜伏確変も狙えるし逆に誤って潜伏台を捨ててしまわないよう注意も必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す