CR織田信奈の野望II ボーダー.止め打ち.スペック

おだのぶなのやぼう

 

西陣から新台、CR織田信奈の野望IIが登場。

大当り確率は1/319の確率変動タイプ。突入率は40%と低く、今流行りの確変転落タイプを採用。

転落確率は1/401と重いですが高確率時も1/165と重め。

ただ、電サポ大当たりはすべて16Rとなっているので継続すれば破壊力はあるスペックになっています。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCR織田信奈の野望IIのスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR織田信奈の野望II スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.69→1/165.08
賞球数 4&1&3&15
導入予定日 2018年5月21
確変突入率 40%
電チュー 100回or100回+α
平均連チャン数3.23連 平均出玉5728玉
大当り出玉
16R 2310個
4R 580個
ヘソ入賞時の振り分け
4R確変(電サポ100+α) 40%
4R通常(時短:100回) 60%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変(電サポ100+α) 86%
16R通常(時短:100回) 14%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  25.6 26.7
3.03円 23.6 24.7
3.33円 22.8 23.8
3.57円 22.2 23.2
等価 21.3 22.4

☆止め打ち

分かり次第追記

 

ひとこと

ヘソからの確変突入率が40%しかなく、更に電チュー大当たりにも14%で通常があるスペックとなっています。

16Rの出玉は2000発overとなっていますがそれを差し引いてもかなり辛いスペック。ヘソ大当たりはすべて4Rのみとなっており突入率の低さや継続率の低さから終日稼動しても甘デジ並みの出玉となることも多い台だと思います。

止めうちなどに関しては分かり次第追記していきますが技術介入要素がなくさらに消化スピードが仮に遅いとなると勝ちにいける台ではないのでお勧めはできないです。

勝ちにいくならしっかり回る台を選んでいきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す