CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW 319Ver|ボーダー.止め打ち.スペック(止めうち追記!)

かいじ

 

高尾から新台、CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOWが登場。

大当り確率は1/319の確変機、前作同様確変突入率は50%で今作は小当たりラッシュ搭載機となっています。

2分1をクリアすれば小当たり+16Rと一撃性に特化したスペックですが、確変が引けないと絶望的な出玉となるのでハイアンドロウの名にふさわしい台となっています。

それではCR弾球黙示録カイジ HIGH&LOWのスペックをどうぞ

スポンサードリンク

CR弾球黙示録カイジ
HIGH&LOW スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.9→1/111.9
賞球数 4&1&4&3&12
導入予定日 2018年6月4日
確変 50%
電チュー なし
平均連チャン数3連 平均出玉6497玉
小当たり確率 1/1.01
 トータル確率 1/109.2(12R)
大当り出玉
16R 1760個
12R 1320個
2R 60個
10C 12賞球
ヘソ入賞時の振り分け
16R確変 4%
12R確変 45%
12R通常 50%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変 50%
12R通常 50%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  28.7 30.2
3.03円 25.9 27.3
3.33円 24.6 25.9
3.57円 23.7 25
等価 22.3 23.5

☆止め打ち

【大当り中.16R確変時】
1R目&10R目のみショート開放となる。

【大当り中.12R大当り時】
ラウンドすべてが小当たりのようなショート開放を繰り返す。なので実質的な表記より少なくなることもあり。

【大当り中.2R通常時】
ショート開放×2回

パカパカ開放のような大当たりを繰り返す場合は素直にうちっぱなしをして10C丁度になるよう調節しましょう。このときの注意点ですが10C入りきらずに強制終了することもあるので素直に打ちっぱなしを推奨します。

【小当たり中】
小当たりラッシュ中は小当たりが1/1.01でほぼ毎開放となるためうちっぱで消化しましょう。

 

ひとこと

2R大当たりの注意点ですが、こちらは短い開放時間となっており、実質的にはほとんど出玉を得ることができません。

それでも60発程度はもらえるのでしっかり玉を打ち出していきましょう。

また、確変時の大当り確率が1/111と一度小当たりラッシュに入れば爆発力は現行機トップクラス。

確変さえ引き続けることが出来るつわものなら一撃数万発も夢ではないです。

しかしハイアンドロウというよりかはデッドオアアライブといったほうが正しい気もしますが・・・。

また、ヘソ通常大当たりは12R大当りとなりますが、電サポ時は2Rと少ないのでトータル的にみたら辛め。

また、電サポといった概念もないので時短もつかない仕様になっています。しっかりと回る台を選択してきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す