CR北斗の拳7 百裂乱舞 ボーダー.止め打ち.スペック(止めうち&ボーダー追記!)

ほくとひゃくれつ

 

サミーから新台、CR北斗の拳7 百裂乱舞が登場。

今作の北斗は初の小当たりラッシュ搭載機となりました。

大当り確率は1/319のヘソ賞球4、電チュー賞球1、高確率時の大当り確率は1/51と小当たりラッシュにいけばそれなりの出玉を得ることができ小当りラッシュ当選率も現実的。

しかしその分、16Rの出玉が控えめとなっています

大型版権からの初の小当たりラッシュということで期待感は非常に大きいですのでお店の動向にも注目ですね!

それではCR北斗の拳7 百裂乱舞のスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR北斗の拳7 百裂乱舞 スペック

基本データ
大当たり確率 約1/319.7→約1/51.2
賞球数 4&1&2&5&8
導入予定日 2018年6月18日
確変突入率 65%
電チュー 0回or50回or次回
平均連チャン数連 平均出玉玉
トータル確率 1/
小当たり確率 1/1
大当り出玉
16R 1150個
12R 860個
12R(4秒解放) 500個
6R 430個
6R(4秒解放) 250個
2R 140個
10C 8賞球
ヘソ入賞時の振り分け
16R確変+小当たり 50%
6R確変(次回) 15%
6R通常(時短:50) 35%
電チュー(小当たりラッシュ以外)入賞時の振り分け
16R確変+小当たり 50%
6R確変(次回) 15%
6R通常(時短:99) 35%
電チュー(小当たり)入賞時の振り分け
16R確変+小当たり 2%
12R確変A&B+小当たり 30%
6R確変A+小当たり 1%
6R確変B+小当たり 22%
2R確変A+小当たり 6%
2R確変B+小当たり 4%
2R通常(時短:99) 35%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  26.4  27.8
3.03円  24.4  25.7
3.33円  23.5  24.7
3.57円  22.8  24.1
等価  21.9 23

 


☆止め打ち

【大当り中】
アタッカーが普通に開放する大当りではオーバー入賞の見込みは低いのでカウントどうり打っていきましょう。またラウンドの間が長いのでしっかりアタッカーが開くのを確認してから打ち出すのを推奨します。

【4秒開放の大当り時】
4秒開放大当たりはカウント数に関係なく4秒でアタッカーが閉まるので少しムダ玉が出るのを覚悟でうちっぱなしで消化するのがベストかと思います。

【電サポ中・小当たりラッシュ以外】
①2開放目が閉じたら打ち出しやめ
②3回目が閉じたら打ち出し再開。

または電チューが開く直前に1発

【小当たりラッシュ中】
電チューのランプが停止したら打ち出しやめ。

電チューランプ↓
003
②1秒程度おいて打ちだし再開

バトルに発展した場合は小当たりがストップするため一旦、打ち出しをやめ。(液晶のBATTLE文字出現でやめ)バトル勝利時は百裂アイコンが停止し、停止後2秒後に打ち出し。

銀色アイコンは4秒開放大当りとなるため打ち出しが遅れないように注意しましょう。

 

ひとこと

ボーダーや技術介入は分かり次第追記してきますが筐体が北斗転生と同じなのでアタッカーでの技術介入要素はなさそう。

しかしアタッカー左上のおまけポケットに(確か賞球2)に入りやすいので表記より多く出玉がとれる機会は多そう。

また、転生は初当たり時のパカパカ狙いが有効でしたがこちらの百裂乱舞も有効そうならしっかり狙っていきましょう。

スペックに関してはかなり良いと思います。

仕事人とまではいかないかもしれませんが、小当たり突入率や高確率時の大当り確率の重さなども相まって爆発力もそれなり。

ただ、小当たり時の振り分けが規制上、どうしても弱めなのでしっかり小当たりをはめていきたいですね~。

筐体は北斗転生と同じだと思うのでヘソさえあいていればしっかり回ってくれると思います。ヘソの開き具合と寄りをしっかり照らし合わせて立ち回っていきましょう~!

釘が開く可能性はおおいにある台だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す