CR押忍!番長 漢の極み|ボーダー.止め打ち.潜伏見極め。

ばんちょう

 

大都から新台、CR押忍!番長 漢の極みが登場。

こちらは前作のスペックを踏襲しつつバトルスペックとなりました。大当り確率は1/319の継続率65%のループタイプ。

右打ちは16Ror2Rとシンプルで爆発力も備えております。

その分ヘソ振り分けが少し辛め。初回のみ電サポ32回の潜伏となる可能性もあるので注意が必要です。

ちなみにヘソの賞球は4、電チューの賞球は1となっています。

それではCR押忍!番長 漢の極みのスペックをどうぞ!

スポンサードリンク

CR押忍!番長
漢の極み スペック

基本データ
大当たり確率 1/319.7→1/46.2
賞球数 4&1&2&15
導入予定日 2018年10月1日
確変突入率 65%
継続率 約65%
電チュー 32.100回or次回
平均連チャン数4.91連 平均出玉5900玉
トータル確率 1/46.4(4R)
大当り出玉
16R 約2150個
4R 約540個
2R短開放 約90個
10C 賞球15
ヘソ入賞時の振り分け
4R確変(次回) 35%
4R確変(電サポ32回)
※初回のみ潜伏
30%
4R通常(時短32or100回)
※潜伏での時短は100回
35%
電チュー入賞時の振り分け
16R確変(次回) 65%
2R通常(時短100回)
35%


1000円あたりのボーダーライン

交換率 表記出玉 出玉-5%
2.5円  24 25.3
3.03円 22.3 23.5
3.33円 21.6 22.7
3.57円 21.1 22.2
等価 20.2 21.3

☆止め打ち

【大当り中】
難易度・・・低
成功率・・・高
減速もそこそこさせやすいしセンサー感知が遅く優秀な釘配列。しっかりとオーバー入賞を狙っていきましょう。

1R8Cなので7Cまでいれてから(4C目がはいったら一旦打ち出しやめが目安)ワンツーで2発。

【電サポ中】
↓小デジ
screenshot_20170112-004334
【上下点灯時】
①電チュー開放1回目が閉じたら2発
②電チュー開放2回目開いたら2発
③電チュー開放3回目が開く瞬間2発

【上点灯時】
①電チュー開放1回目が開く瞬間2発
②電チュー開放2回目が閉じたら2発
③電チュー開放3回目が開く瞬間2発

【下点灯時】
①電チュー開放1回目が開いたら2発
②電チュー開放2回目が閉じたら2発
③電チュー開放3回目が開く瞬間2発

※止めうちは兄弟スペックの止めうちを記載。違う場合は追記していきます。

ひとこと

 

ヘソでの通常大当り、または電サポ32回確変が選択された場合、電サポ終了時は基本的に「俺道」という特殊ステージに移行。

内部状態が仮に潜伏していればこの俺道を抜けることはないので俺道滞在終了=通常状態となり俺道を抜けない限りは潜伏の可能性があるのでしっかりと回すようにしていきましょう。

台の仕様については前作を踏襲しつつ新しい演出も若干とりいれているみたいです。要は使い回しをいれつつ真新しさもだしたと。

止めうちやオーバー入賞に関しては筐体が前作と似ていることから前のスペックの止め打ちを記載しています。もし打ってみて違うよ~ってなった場合は報告いただけると嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す