北斗無双 初うち.感想 止めうちについてもちょっと解説。

tyrtytr

 

新台で、でた北斗無双ですがみなさんもう打ちましたか?この日は牙狼であぶれて、エナも打つ台がなく

期待値的に安いですが打ってみたかったのもあって北斗無双を初打ちしてきました。

結構、ネットで叩かれてるほど、赤保留とかも嫌な感じはせず
割かし嫌いじゃなかったです。

赤保留は後半リーチ発展のための契機って考えればなんとも
思いませんでしたね。

ST中は先制攻撃重視のラオウか、サウザーにして楽しんでました。

ただ、従来の北斗シリーズと顔も声も違うのがしっくりこなくて残念でしたね。

 

 

金保留は期待度80近くあるのでやっぱり強め

20160317_125913

赤図柄大当りはST突入確定ですが
割かし赤図柄リーチは多くたいしてあつくないです。

 

7テンが一度もこなかったので7テンパイは熱い印象ですね。

で、初当り後の昇格の仕方がエヴァに近く
ここで赤図柄にならないと割合的にはだいたい通常大当りでした。

まぁ青図柄でもラウンドランプが7Rランプ以外ならST突入なので
どちらでも問題ないですが。

 

スポンサードリンク

 

ST中の赤保留は割かし強いイメージ?

自身4/5で当ってくれて、敵キャラも期待度低い敵でも
その前の演出が強ければ結構あたるイメージっていうのと

全体的にキリン柄がよくでる感じでしたね。

20160317_113458

 

後、ST中のキリン柄は全部7大当りになりました

20160317_130334

で、肝心の大当りのオーバー入賞とST中の止め打ちですがぶっちゃけ増やせます。

一番、多いときで7R通常.時短100回消化時で
100発近く増えてました。

 

 

大当り中オーバー入賞

 

こちらは1R10Cなので9Cまで入れてからワンツーで2発でオーバー入賞が狙えます。
成功時は音がなり成功を伝えますがセンサーが辛め。

 

一応、シビアでセンサーは辛めだがやる価値あり
と、思いきや電チュー横の一般入賞口にかなりの頻度で玉が入るので

 

これがやっかい。うまく屋根にひっかけてもおまけポケットが邪魔をして
入らないなんてことがかなり多かったです。

なのでぶっちゃけやらなくてOK!
ただ!!!やらなくていいですが9Cまで入れた後に普通に2発だけ打つようにしましょう。

 

というのもアタッカーが閉まって、開くまでの間隔がかなり狭いので
玉のこぼれが少ないです。なので捻らずに普通に2発うって、運よくオーバー入賞を狙う。

 

仮に失敗しても開放間隔のせまさで次R開放時の分で玉が入ってくれるのでこぼれることも少ないです。

1回でも入れば±0にはなるので手軽だしやってみてください。

次に止め打ちについてです。

止めうちについて

 

上にも書きましたが増やせます。

ただ、労力の割りに増えない。。。
ということで徹底的に期待値を求めてる人、意外は別にやらなくてもいいと個人的に思います。

 

で、止めうちですが

▼5回開放▼

①1開放目が開いたのを確認後1発
②2開放目が開く瞬間に1発
③3開放目が開いたら1発
④4開放目が開いたのを確認後1発
⑤5開放目が開いたら発

▼6回開放▼
①1開放目が開いたのを確認後1発
②2開放目が開く瞬間に1発
③3開放目が開いたら1発
④4開放目が開いたのを確認後1発
⑤5開放目が開く瞬間に1発
⑥6開放目が開いたら1発

となっています。

 

ちなみに小デジがこちら

20160317_112429

右ランプ点灯が5回 左ランプ点灯が6回
この場合は5回ということですね。

 

で、打った感じですが、1回開放目は開いて半拍くらいで打っても大丈夫です
むしろ、そっちのほうがあってると思います。

で、3回開放から4開放目のインターバルが気持ち長めなので
開いたら1発じゃなく開いて1拍置いたら1発でいいです。

打った感じこのタイミングが一番ベストでしたね。

 

よかったら試してみてください。

スポンサードリンク

One comment to this article

コメントを残す