スロットAT機 完全終了か?

AT機の規制が入ってからも

抜け道を探し、なんとかAT機をだしてきましたが

ついにそれも自主規制によって

終わりそうですね。

スポンサードリンク

 

6月11日に日電協と日工組間で

パチスロ自主規制案が合意されました。

これによりATの開発、販売に規制がかかります。

適正時期は今年の12月の型式試験申請分からで

あわせて自主規制に対応していない分の

新台発売は来年の6月までで区切るみたいです。

具体的な自主規制の内容ですが

通常遊戯中の最低シュミレーション出玉率を1未満とすること

(最低シュミレーション出玉率とは内部成立役{ベル等}が
すべて入賞したと仮定した場合における出玉率のこと)

それにより既存している現在のすべてのAT機種は
自主規制の対象となり事実上

今年の12月以降からAT機の申請が不可となる模様。

じゃあARTは?

ATはだめだけどARTはどうなんですかって思うかもしれませんが
こちらは実は大丈夫。

その理由が

「ART機はリプレイタイムが発動して初めて出玉率が100%を
越える仕様となっている」

という点から今回の自主規制、対象外となります。

今回の案は警察庁の了承をまだ得ていない段階なので

正式に認可されたわけではありませんが

組合関係者が6月23日頃警視庁に相談予定。

警視庁の了承が得られ次第正式決定となる見込み

 

一部引用
引用元、遊戯日本

 

この規制が良い方向に転がってくれれば
いいですけどね。。。

規制が入ったあとのスロット人口は
減少する傾向にあるみたいなので今回も
そうなる可能性が高いかと。

じゃあどんな機種がでるのかっていうと
初期の号機みたいな機種が予想されますね。

しかし、設定が見込めない昨今では
それと同じ機種を作っても意味がないわけで

むしろ、店側としては人口が減っているので

一人当たりの客単価をあげなければいけないのに
波がマイルドな機種ばかりになって搾取しにくくなる

よって
設定1がさらにデフォになる⇒客もそれに気づきさらに遊戯人口の減少

っていう袋小路に陥りますね。

まぁでも一般の方から見れば
いまの極悪ATよりかはマイルドなARTのほうが
好まれる傾向にありそうですし、お店の頑張り次第では
遊戯人口の増加も見られる可能性もあるはずなんですけどね。。。

この規制を逆にチャンスと捕らえて各メーカーさんや店舗さんは頑張っていただきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す