CR牙狼復刻版が登場!ゲーム性はどんな感じになってるか?

 

hqdefault

 

ついに出ますね~初代牙狼の復刻版

今回はマックススペック規制にともなってミドルタイプでの登場となっています。
マカチャン突入率や継続率は一緒ですがその分、ラウンドで削られたりしており
初当りのゲーム性なども少し変わっていますので軽く見ていきましょう~

まずはスペックを

 

スポンサードリンク


 

スペック

 
【大当り確率】
1/208.7

【魔戒CHANCE】
突入率:50%
継続率:82%

【賞球数】
3&1&12

【ラウンド数】
4Ror15R/9C


 

大きく変わった点は大当り確率と
電チューでの賞球が1になった点でしょうか

また、電チューなどでの振り分けに4Rついた点もそうですね。

なので初代牙狼の特徴の1つである
大当り中のラウンドバトルですが、これは4R大当りがあることでかなり短縮されている可能性が高いです。

そこが私的にすこし残念なところではありますがスペック的にしょうがないでしょう。

 

魔戒チャンス中15R濃厚演出

 

魔戒チャンス中の大当りは振り分けがあるので
当然、演出も変わってきます。

15R大当り時は主に
■牙狼先制
■ホラー先制⇒攻撃を跳ね返す
■仲間の登場
■危機回避失敗からの復活

というパターン

 

4R大当り時

 

しょうがないっちゃしょうがないですが
個人的にはちょっとあまり好きじゃない継続演出

4Rしかないので
基本的に危機回避でマカチャン継続というパターンになります。

htrhthr rththtrtr

 

こちらで危機回避で継続となります。

初代のような長いラウンドをかけてのホラーバトルがなくさくっと勝敗が決まってしまい
あまり継続をかけた勝負に熱くなれないような仕様かなといった印象。
ここがちょっと残念かな~って勝手に思っちゃったり・・・・

 

また、新たな演出として牙狼SPリーチ⇒雨宮SPリーチに変化する
牙狼チェンジというものが追加されて牙狼シリーズであったリーチの
「大号竜リーチ(CR牙狼~RED REQUIEM~)」
「邪眼竜リーチ(CR牙狼魔戒閃騎鋼)」
「心滅ゼロリーチ(CR牙狼FINAL)」

が新たに追加されているみたいです。
全シリーズ打ってきたのでこれは個人的にもすごい嬉しい!

ただ邪眼竜だけはでてきてほしくない!ww

 

とりあえず初代をベースに牙狼シリーズってことでこけることは間違いなくないでしょうが
継続演出やこのスペックがどうユーザーに受け入れられるかですね~

そこまで大量導入にもならなさそうな気はしますがやはりちょっと注目してるというか
懐かしさついでに一回収支度外視で打ってみたい気もします(´・∀・`)

やっぱりちょっと楽しみですね~ww

スポンサードリンク

コメントを残す