ユーザーに有利な釘曲げ(広げ)をした店舗が営業停止

201009220555

 

結構話題になっていますね。

少し前から問題視されていた出荷当時と釘の
状態が違ういわゆる違法機。

この機械の撤去問題がうやむやになると
同時に釘の開け締めの問題もうやむやとなっていましたが、急な展開でしたね。

 

以下一部引用

 

スポンサードリンク

 

パチンコ台の大当たり抽選入賞口に玉が入りやすくなるようくぎを不正に広げたとして、京都府警生活安全対策課と城陽署は2日、風営法違反(無認可設備変更)の疑いで、京都府城陽市のパチンコ店と、40代の男性店長を書類送検した。府警によると、店長は容疑を認め、「集客して利益を増やすためにやった」と供述している。書類送検容疑は1月19~24日、5回にわたり、府公安委員会の承認を受けず、 店内のパチンコ台2台の大当たり抽選入賞口に玉が入りやすくなるよう、くぎを曲げたとしている。

「保安通信協会」の定める出玉率などの基準に合格したものしか設置することができず、無許可でくぎを曲げることも禁止されている。

府警によると、店長は売り上げが低迷していた平成26年末ごろから、設置している百数十台のパチンコ台の大半で、ハンマーなどで大当たり抽選入賞口上部のくぎを広げるなどし、玉を入りやすくすることで射幸心をあおり集客増を図っていたという。

今年1月ごろ、業界関係団体で組織する遊技機不正対策情報機構が府警に申告。府警がパチンコ台を押収して鑑定した結果、不正が発覚した。

不正に改造されたパチンコ台をめぐっては、昨年11月、ギャンブル性を高める「くぎ曲げ」が横行しているとして、警察庁が業界団体に不正機の撤去を要請している。

 


 

今回、こういったことが起きた都道府県が京都
という点に注目ですね

確か京都はライターイベントも禁止しており、
パチンコに関してかなり厳しい対処をとっています

 

しかしライターイベントに関してはいまもなお全国
各地で行われおり、この釘問題に関しても主に
京都のみに限定される可能性は高そうです。

 

ただ、この問題が店側などに見せしめにもなった
ということと、京都に関してはもう間違いなく
良釘狙いう点でパチンコは打てなくなりましたね。

 

また、京都に限定されるといってもライターイベント
や貯玉制限などと一緒でゆくゆくは全国的に
浸透いく可能性は大です。

 

また、これに加え、マックスタイプの規制や継続率
規制、スロットもART確定などの天井は廃止、
さらに3000枚規制も審議されてますので我々が
思っている以上に厳しい状況に立たされそうです。

 

では、どうするべきか?

 

結局、4号機から5号機に移行したときもそうですが

その時にあった稼ぎ方をすれば
問題は解決します。

ただ、液晶などの技術性が向上するのと反比例する
かの如くゲーム性は衰退していっているのは事実です

なのでゲーム性としてはおもしろみに欠けていくかも
しれませんが、時代の流れに沿った稼ぎ方をすれば
問題なく稼げると思います。
逆にこの時代の波に乗れない人は
どんどん稼げなくなるでしょう。

だから、そこまで悲観はしていないんですが、面白みに
欠けていくという点では残念でなりません。
ただ、そこはメーカー側も。もちろん分かっていると思って
ますので、プロジェクトマッピングとかどーでもいいからもっと面白い台を出してくれることを祈ります・・・w

スポンサードリンク

コメントを残す